200万台売れたレクサスの電動車 その走りはどう進化した?

2021.06.07 デイリーコラム

特に日本と欧州で人気

トヨタ自動車は、レクサスブランドの電動車の世界累計販売台数が、2021年4月末に200万台(正確には202万1000台)に達したと発表した。最初の電動車は2005年に登場した「RX400h」だから、15年間で約200万台だ。これは、毎年約30万台分の二酸化炭素排出量をゼロに抑えてきた計算になるという。

202万1000台の主な地域別販売台数とその比率は、北米:54万台(27%)、欧州:48万台(24%)、日本:40万1000台(20%)、中国:38万7000台(19%)、その他:21万2000台(10%)とされる。

一方、レクサス全車の2020年1~12月における世界販売総数の地域別比率は、北米:41%、欧州:10%、日本:7%、中国:31%だ。つまり欧州と日本は、ほかの地域に比べて電動車比率が高く、北米や中国は低めであるといえる。

日本市場の場合、レクサスの販売総数に占める比率は7%だが、電動車に限ると20%に達する。燃費規制の厳しい欧州も同様で、例えばイギリスは、「RC F」「LC」といった販売台数の少ない一部のスポーツモデルを除けば、現在選べるのはハイブリッド車か電気自動車「UX300e」のみとなっている。

今の情勢を考えると、電動化を強めるのは当然の成り行きだが、レクサスのようなプレミアムブランドでは運転の楽しさや心地よさも大切だ。その点で、レクサスの電動車はどうなのか?

現在ラインナップされている、レクサスの電動モデル。写真中央手前の「UX300e」のみ電気自動車で、それ以外はすべてハイブリッド車だ。
現在ラインナップされている、レクサスの電動モデル。写真中央手前の「UX300e」のみ電気自動車で、それ以外はすべてハイブリッド車だ。拡大
レクサスUK(イギリス)のオフィシャルサイト。ご覧の通り、スポーティーなクーペ「RC F」や「LC」を除き、ハイブリッドモデルしか選べない。
レクサスUK(イギリス)のオフィシャルサイト。ご覧の通り、スポーティーなクーペ「RC F」や「LC」を除き、ハイブリッドモデルしか選べない。拡大
レクサス IS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 新型「レクサスNX」のデビューが2021年6月12日に決定 2021.6.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年6月2日、レクサスブランドのSUV「NX」の新型モデルを同年6月12日に世界初披露すると予告した。発表に先立って、テールゲートと思われるデザインの一部が公開されている。
ホームへ戻る