MINIクロスオーバーに218psの高性能モデル

2013.01.15 自動車ニュース

BMW、「MINIクロスオーバー」に218psの高性能モデル「ジョンクーパーワークス」を設定

BMWジャパンは2013年1月15日、「MINIクロスオーバー」に高性能モデルの「ジョンクーパーワークス」を設定し、発売した。

今回設定された「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」は、「ジョンクーパーワークス」のラインナップとしては、初の4ドア車、4WD車となる。

エンジンは、他の「ジョンクーパーワークス」と同じ1.6リッターの直4ターボを搭載しており、最高出力は218ps/6100rpm、最大トルクは28.6kgm/1900-5000rpmを発生。オーバーブースト機能を作動させれば、最大トルクは30.6kgmまで高めることができる。

また、「バルブトロニック」や「高精度ダイレクトインジェクション」「ブレーキ回生システム」「エンジンオートマチックスタートストップ機能(MT仕様のみ)」などの技術も採用。燃費にも配慮がなされている。

内外装も特別な仕立てとなっており、エクステリアには「ジョンクーパーワークス」専用のエアロキットを装着。インテリアではメーターパネルにアンソラサイトを、ステアリングやシフトノブには赤いステッチを採用。他のモデルとの差別化を図っている。

価格は6段MT仕様が447万円、6段AT仕様が460万円。

(webCG)

→「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」のより詳細な写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」 拡大

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像 拡大

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像 拡大

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像 拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸 2020.9.30 自動車ニュース BMWジャパンは2020年9月30日、「MINIクロスオーバー」改良モデルの国内導入を発表した。納車開始は同年10月以降となる予定。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
ホームへ戻る