高級セダン「シトロエンC6」が生産終了

2012.12.26 自動車ニュース

高級セダン「シトロエンC6」が生産終了

フランスの高級車に逆風。登場時には大きな話題となりながら、最近は販売不調が伝えられていた「シトロエンC6」の生産が終了した。後継モデルはあるのか、それとも……。

シトロエンの最高級車「C6」が2012年12月18日、フランス西部レンヌにあるPSAプジョー・シトロエン工場で生産を終了した。

C6は2005年パリモーターショーで発表された。2000年に生産終了していた「XM」の後継車としての位置づけだった。スタイルは1999年の「C6リニャージュ コンセプト」、2002年の「C-エアドリーム コンセプト」をモチーフにしていたが、細部には往年の「DS」をイメージさせる要素が盛り込まれていた。2005年がDS誕生50周年であったことも、「DS再来」のイメージをさらに強いものにした。

当初C6は、ジャック・シラク仏大統領(当時)が一般発売前に先行生産モデルを公用車として使用するなど、華やかな話題を振りまいた。2007年に就任したニコラ・サルコジ大統領も公務にC6を使用した。

ただし欧州の一般市場では、「メルセデス・ベンツEクラス」などライバルより高い価格がハンディとなったうえ、経済危機に追い打ちをかけられ販売が苦戦した。
ちなみに、2012年5月に就任したオランド大統領は、就任バレードでC6よりひとまわり小さい「DS5」のディーゼルハイブリッド仕様を使用した。大統領府までダウンサイジングをしたことで、高級車としてのC6の存在感がさらに薄くなった。

2012年1月から10月の間に欧州で登録されたC6はわずか556台で、約7年間の総生産台数も2万台強にとどまった。最後までフランスでカタログに残っていたのは、3リッターV6のディーゼル仕様のみで、価格は5万7450ユーロ(フランス価格/約631万円)だった。
人気の低さを象徴してか、現在フランスのシトロエンの公式ウェブサイトにおけるアウトレットストアでは、18.3%もの値引きで販売されている事実上新車のC6もみられる。

「ルノー・ヴェルサティス」「プジョー607」に続き、今回C6が消えたことで純フランス系高級車は軒並み消滅したことになる。欧州の専門家の間では、C6の後継車は2015年に登場する「DS9」で、そのモチーフは2012年北京モーターショーで参考出品されたコンセプトカー「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」であるとの見方が一般的だ。

ライバルのルノーは、ヴェルサティスの後継車である「ラティテュード」を韓国のルノーサムソンで生産している。フランスでは人件費などの製造コストがかさむであろう高級車DS9を、経営環境が厳しいシトロエンがどの国で生産するのかも今から気になるところだ。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=シトロエン、Akio Lorenzo OYA)

「シトロエンC6」(2005年)
「シトロエンC6」(2005年) 拡大
「シトロエンC6」(2005年)
「シトロエンC6」(2005年) 拡大
「シトロエンC6」(2005年)
「シトロエンC6」(2005年) 拡大
フランス西部にあるPSAプジョー・シトロエンのレンヌ工場の「C6」組み立てライン。2005年。
フランス西部にあるPSAプジョー・シトロエンのレンヌ工場の「C6」組み立てライン。2005年。 拡大
「C6リニャージュ コンセプト」(1999年)
「C6リニャージュ コンセプト」(1999年) 拡大
パリのアンヴァリッド(廃兵院)に並んだ「C6」。2005年。
パリのアンヴァリッド(廃兵院)に並んだ「C6」。2005年。 拡大
大統領専用車の「C6」。シラク、サルコジ両大統領時代に使用された。
大統領専用車の「C6」。シラク、サルコジ両大統領時代に使用された。 拡大
シトロエン歴史資料館に展示されている大統領専用車の「DS5」。
シトロエン歴史資料館に展示されている大統領専用車の「DS5」。 拡大
2012年の北京モーターショーで発表されたコンセプトカー「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」。
2012年の北京モーターショーで発表されたコンセプトカー「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」。 拡大

関連キーワード:
C6, シトロエン, -->, 自動車ニュース

シトロエン C6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
  • 第146回:それでもやっぱりシトロエン 2019.10.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第146回は「それでもやっぱりシトロエン」。シトロエンの創業100周年記念イベントに、愛車の「DS3」で参加。憧れの名車「DS」や「エグザンティア」「C5」といった過去の愛車を前に、筆者が痛感したこととは?
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る