ホンダが「N BOX」シリーズを一部改良

2012.12.25 自動車ニュース

ホンダが「N BOX」シリーズを一部改良

本田技研工業は2012年12月24日、軽乗用車「N BOX」と「N BOX+」を一部改良して発売した。また同日、新しいコンプリートカー「N BOX Modulo X(モデューロ エックス)」の概要を発表した。

今回の変更により、自然吸気エンジン・FFモデルの燃費を24.2km/リッター(JC08モード)に向上させるとともに、装備を充実させた。また、「N BOXカスタム」に設定しているターボ仕様車を「N BOX」に追加した。

<装備の変更点>
・フルオートエアコンを「N BOX」と「N BOX+」の「Gタイプ」に標準装備。
・14インチアルミホイールとドアミラーウインカーを「N BOX」と「N BOX+」の「G・Lパッケージ」に標準装備。
・走行中に急ブレーキと判断した場合にハザードランプが自動で高速点滅する「エマージェンシーストップシグナル」を全グレードに標準装備。

また、ホンダの新しいコンプリートカー「Modulo X(モデューロ エックス)」の第1弾として、専用の15インチアルミホイールやローダウンサスペンション、ブルーステッチ本革巻きステアリングホイールなどを装着した「N BOX Modulo X」を2013年1月18日に発売する。

販売計画台数はシリーズ合計で1万5000台。新しい価格は以下のとおり。

・N BOX:126万円〜158万円
・N BOXカスタム:145万円〜178万円
・N BOX Modulo X:178万円〜188万円
・N BOX+:136万円〜176万7750円
・N BOX+カスタム:155万円〜187万円

(webCG)

「N BOX G・ターボパッケージ」
「N BOX G・ターボパッケージ」 拡大
「N BOX Modulo X G・ターボパッケージ」
「N BOX Modulo X G・ターボパッケージ」 拡大

関連キーワード:
N-BOX, N-BOX+, N-BOXカスタム, N-BOX+カスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る