マークXにスポーツコンバージョン車「G's」登場

2012.08.27 自動車ニュース

「マークX」にスポーツコンバージョン車「G's」登場

トヨタ自動車は2012年8月27日、セダン「マークX」に「G SPORTS(通称:G's)」バージョンを設定し、10月9日に発売すると発表した。

「G SPORTS」は、「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するためにトヨタが特別に開発したという“スポーツコンバージョン車”シリーズ。過去には「ノア/ヴォクシー」「ヴィッツ」「プリウス」を素材に製作されており、今回の「マークX」版は、2.5リッターの「250G“Sパッケージ”」と3.5リッターの「350S」がベースとなっている。

ともに、G's専用デザインの前後バンパーやフロントグリル、4本出しマフラー、19インチ鍛造アルミホイールやG'sロゴ入りのブレーキキャリパーなどでエクステリアをドレスアップ。
インテリアも、表皮にアルカンターラを用いたG'sエンブレム付きの専用スポーツシート(前席)や白い文字盤の専用オプティトロンメーター、レッドステッチを施したステアリングホイール、カーボン調加飾のインストゥルメントパネルなどで飾られる。

見た目だけではなく、各種メンバーブレースや溶接スポット点数の追加によりボディー剛性の強化も実施。足まわりにも専用チューンが施されている。

価格は、2.5リッターモデルが359万円で、3.5リッターモデルが420万円。

(webCG 関)

「トヨタ・マークX 350S “G's”」
「トヨタ・マークX 350S “G's”」 拡大

マークXにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像 拡大

マークXにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像 拡大

関連キーワード:
マークX, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ マークX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
ホームへ戻る