ダイハツ「ムーヴ」など6車種に特別仕様車

2001.05.23 自動車ニュース

ダイハツ「ムーヴ」など6車種に特別仕様車(5/23)

ダイハツ工業は、軽自動車「ムーヴ」の発売以来の生産累計台数が100万台に達したことを記念し、特別仕様車「Memorial eDition(メモリアルエディション)」を、「ムーヴ」「ミラ」など軽6車種に設定、2001年5月17日に発売した。

「Memorial eDition」は、「ムーヴ」「ミラ」「オプティ」「ネイキッド」「テリオスキッド」「アトレーワゴン」の6車種に、特別装備として人気の高いMDプレーヤー(CD+AM/FMラジオ一体型)を付与したモデル。「エディション」のDのみを大文字にして、頭文字で「MD」と読ませる、小憎らしいネーミングである。
さらに、カーナビゲーションシステムなどを採用し、快適装備を充実させた。

各車の特徴は以下のとおり。

●ムーヴRS・メモリアルエディション(写真)
ムーヴカスタムのエントリーモデル「カスタムL」をベースに、専用の大型フロントエアバンパーや大型ダーククロームメッキグリル、13インチアルミホイールなどで外観を飾ったモデル。ボディ色に、見る角度によって緑、青、紫と変化する「イリュージョナルカラー」をオプション設定した(2001年8月までの期間限定)。
さらに、従来のハロゲンヘッドランプよりも明るいディスチャージャーヘッドランプ(ハイ&ロービーム)やカーナビゲーションシステムも備わる。
価格は、ベース車プラス13.4万円で、2WDが129.9万円、4WDが139.9万円。

●ムーヴ・メモリアルエディション
ベースは「ムーヴCL」。メッキ処理を施した電動格納式ドアミラーやドアハンドルなどを装備した。オーディオスピーカーは16cmの大径サイズとなる。2WDが94.0万円(5MT)と100.0万円(3AT)、4WDは104.0万円(5MT)と110.0万円(3AT)。

●ミラジーノ・メモリアルエディション
クラシックテイストの外観がウリの「ミラジーノ」をベースに、メッキ電動格納式ドアミラー、同サイドロッカーモールなどを与えたモデル。内装には、ウッド調センタークラスターを採用し、スタイリッシュさを出した。2WDが101.3(4AT)、4WDが111.8万円(3AT)。

●ミラジーノミニライトスペシャル・メモリアルエディション
5ドアボディに、メッキ電動格納式ドアミラーとメッキサイドロッカーモールを奢ったモデル。価格は、2WDが107.3万円 (4AT)、4WDは117.8万円(3AT) 。

●ミラPico・メモリアルエディション
16cmフロントスピーカー、メッキ電動格納式ドアミラーを装備しながら、価格をベース車プラス3万円に抑えた。2WDが85.5万円、4WDが98.5万円。両車とも3ATとなる。

●オプティクラシック・メモリアルエディション
特別装備としてMDプレーヤーが備わったシンプルなモデル。2WDで105.2万円(4AT )、4WDは115.2万円(3AT)。

●ネイキッド・メモリアルエディション
後席リクライニング機構、メッキ電動格納式ドアミラーといった装備を付与。2WDが105.8(5MT)と113.8万円(4AT)、4WDは115.8万円(5MT)と123.8万円(4AT)。

●テリオスキッドカスタム・メモリアルエディション
「カスタムSエディション」をベースに、ルーフエンドスポイラーやレインクリアリング機能付き電動格納式ドアミラーを標準装備。ボディ色に新色ライトローズメタリックが加わる。2WDが120.5万円(5MT)と130.5万円(4AT)、4WDは131.5万円(5MT)と141.5万円(4AT)。

●テリオスキッドCL・メモリアルエディション
4WD車に限定した特別仕様車。ABS、16cmフロントスピーカーが付いている。123.0万円(5MT)と133.0万円(4AT)。

●アトレーワゴンツーリングターボ・メモリアルエディション
アトレーワゴンツーリングターボに、16cmフロントスピーカー、メッキ電動格納式ドアミラーを追加した。2WDが119.0万円(5MT)と127.0万円(4AT)、4WDは130.3万円(5MT)と138.3万円(4AT)。

(webCG くらた)

ダイハツ「メモリアルエディション」:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/md/index.htm

 
ダイハツ「ムーヴ」など6車種に特別仕様車の画像

関連キーワード:
ムーヴ, ミラ, ミラジーノ, テリオスキッド, アトレーワゴン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツが「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良 LEDヘッドランプを一部グレードに標準装備 2019.11.1 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年11月1日、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良し、販売を開始した。スマートアシストIII付きグレードに「LEDヘッドランプ」を標準装備したほか、アトレー ワゴンの外装色にレーザーブルークリスタルシャインを追加した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る