メルセデス・ベンツ、「CLSクラス」を一部改良

2012.08.22 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「CLSクラス」を一部改良

メルセデス・ベンツ日本は2012年8月22日、4ドアクーペ「CLSクラス」を一部改良し、発売した。

今回の改良では、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が全モデルに標準装備となったほか、リアシートヒーターと後席分割可倒式シートも標準で用意されるなど、快適性と機能性の向上が図られた。さらに、パッケージオプションの価格が見直され、最大で10万円の値下げとなった。

「レーダーセーフティパッケージ」はレーダー波を用いて衝突の危険性を低減する予防安全システム。前方衝突の危険性を検知すると、ドライバーのブレーキ操作をサポートする「BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)」と「PRE-SAFEブレーキ」、ブレーキやアクセルを自動制御し車間や速度を適切に保持するとともに、先行車が停止した場合減速して停止する「ディストロニック・プラス」などが組み合わされる。

パッケージオプションは「AMGパフォーマンスパッケージ」が100万円(従来価格115万円)、「エクスクルーシブパッケージ」が45万円(同50万円)、ラグジュアリーシートパッケージが30万円(同35万円)にそれぞれ値下げされた。
また、「CLS63 AMG」には内外装をよりアグレッシブに演出する「AMGカーボンパッケージ」(90万円)が新たに設定されている。

そのほか、ボディーカラーにマットペイントの「マンガナイトグレー」(22万円)が追加されたほか、高性能なサウンドシステム「Bang&Olufsen BeoSound AMGサウンドシステム」(40万円)も新たにオプション設定された。

車両価格は3.5リッターV6自然吸気の「CLS350ブルーエフィシェンシー」が945万円、4.7リッターV8ツインターボの「CLS550ブルーエフィシェンシー」が1190万円、5.5リッターV8ツインターボの「CLS63 AMG」が1655万円。

(工藤考浩)

「メルセデス・ベンツCLS550ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツCLS550ブルーエフィシェンシー」 拡大
「メルセデス・ベンツCLS350ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツCLS350ブルーエフィシェンシー」 拡大

メルセデス・ベンツ、「CLSクラス」を一部改良の画像 拡大

メルセデス・ベンツ、「CLSクラス」を一部改良の画像 拡大

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る