「アウディRS 5」新たなデザインで発売

2012.08.07 自動車ニュース

「アウディRS 5」新たなデザインで発売

アウディジャパンは2012年8月7日、マイナーチェンジされた「アウディRS 5」を日本に導入。同日、販売を開始した。

2010年9月に日本で発売されてから、およそ2年。アウディのハイパフォーマンスクーペ「RS 5」に化粧直しが施された。ベースとなるクーペ「A5」「S5」も、2012年1月に新デザインのモデルへとバトンタッチ。今回の変更もまた、シリーズ全体のフェイスリフトに伴うものといえる。

目立った変更点として挙げられるのは、フロントまわりのデザインだ。ヘッドランプやグリルは、最新の「A5」や「S5」、さらにセダンの「A4」「S4」などと同様の形状に変更。リアのコンビランプとバンパーについても、新デザインが採用されている。
全長×全幅×全高=4650×1860×1375mmと、ボディーの寸法そのものには影響はない。

インテリアについては、下部が平らになった非円形のスポーツステアリングホイールを新たに採用。操作性を向上させるべく、各種操作スイッチの配置やデザインも改められた。

ハイパフォーマンスのキモとなる4.2リッターV8直噴エンジン(450ps/8250rpm、43.8kgm/4000-6000rpm)は変更なし。トランスミッションもこれまでどおり7段のSトロニックが組み合わされる。

後輪左右のトルク配分を可変制御する「スポーツディファレンシャル」、エンジンやステアリングの特性を変化させ4通りの走行モードを提供する「アウディドライブセレクト」など、走りにこだわったハイテクはそのまま継承されている。

価格は1222万6000円。ハンドル位置は左右両方から選べる。

(webCG 関)

「アウディRS 5」
「アウディRS 5」 拡大
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像 拡大
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像 拡大
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。 拡大

関連キーワード:
RS 5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る