日産、「フェアレディZ」をマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年7月10日、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールを採用したほか、ボディーカラーに新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」などを設定。
また、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性を向上させたブレーキパッドを採用するなどした。
車両価格は、クローズドボディー(クーペ)の「フェアレディZ」が367万5000円から451万5000円。オープンの「フェアレディZロードスター」が438万9000円から512万4000円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・LEDハイパーデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーを採用(全車)
・ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールを採用(「Version ST(クーペ)」「Version S(クーペ)」に標準設定、「Version ST(ロードスター)」にメーカーオプション)
・「フェアレディZロードスター」用18インチアルミホイールを「フェアレディZ(クーペ)」にも採用(「Version ST」「Version S」以外)
・レッドのブレーキキャリパーを採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」に標準設定)
・2つの新色「プレミアムサンフレアオレンジ(特別塗装色)」「ダークブルー」を含む全8色をボディーカラーに設定
■インテリア
・メーター内に設定した車両情報ディスプレイのベース部カラーをダークメタリックグレーに変更(全車)
■メカニズム
・ショックアブソーバー(フロント・リア)の減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションを採用(全車)
・ブレーキパッドに新開発の摩擦材を採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」)

(文=工藤考浩)

「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大
「日産フェアレディZロードスター」
「日産フェアレディZロードスター」 拡大
インテリア
インテリア 拡大
メーター
メーター 拡大

関連キーワード:
フェアレディZ, フェアレディZロードスター, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダが「ロードスター」を一部改良 シルバーのソフトトップが目を引く特別仕様車も 2019.11.14 自動車ニュース マツダが「ロードスター」を一部改良。外装色に「ポリメタルグレーメタリック」を追加したほか、内装の仕様も変更した。またソフトトップ車にはRAYSの鍛造ホイールやブレンボ製ブレーキをオプション設定。シルバーのソフトトップが特徴の特別仕様車も設定した。
  • 「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車 2020.7.3 自動車ニュース ロータスが「エキシージ」の誕生20周年記念モデル「エキシージ スポーツ410 20thアニバーサリーエディション」を日本導入。2000年に登場した「シリーズ1」をほうふつさせるデザインと充実した装備が魅力の限定モデルで、販売台数は全世界で150台となっている。
ホームへ戻る