日産、「フェアレディZ」をマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年7月10日、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールを採用したほか、ボディーカラーに新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」などを設定。
また、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性を向上させたブレーキパッドを採用するなどした。
車両価格は、クローズドボディー(クーペ)の「フェアレディZ」が367万5000円から451万5000円。オープンの「フェアレディZロードスター」が438万9000円から512万4000円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・LEDハイパーデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーを採用(全車)
・ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールを採用(「Version ST(クーペ)」「Version S(クーペ)」に標準設定、「Version ST(ロードスター)」にメーカーオプション)
・「フェアレディZロードスター」用18インチアルミホイールを「フェアレディZ(クーペ)」にも採用(「Version ST」「Version S」以外)
・レッドのブレーキキャリパーを採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」に標準設定)
・2つの新色「プレミアムサンフレアオレンジ(特別塗装色)」「ダークブルー」を含む全8色をボディーカラーに設定
■インテリア
・メーター内に設定した車両情報ディスプレイのベース部カラーをダークメタリックグレーに変更(全車)
■メカニズム
・ショックアブソーバー(フロント・リア)の減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションを採用(全車)
・ブレーキパッドに新開発の摩擦材を採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」)

(文=工藤考浩)

「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大
「日産フェアレディZロードスター」
「日産フェアレディZロードスター」 拡大
インテリア
インテリア 拡大
メーター
メーター 拡大

関連キーワード:
フェアレディZ, フェアレディZロードスター, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
  • ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー 2020.10.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • 第190回:貝殻ビキニの武田久美子 2020.9.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第190回は、「ポルシェ911 GT3 RS」を試乗してみたの巻。レーシングマシン直系の高性能マシンを駆り、夜の首都高に繰り出すその気分は、まさに『湾岸ミッドナイト』のブラックバードだったのだが……。
ホームへ戻る