電気自動車「マツダ・デミオEV」リース販売開始

2012.07.06 自動車ニュース

マツダ、電気自動車「デミオEV」のリース販売を10月に開始

マツダは、2012年10月から「デミオEV」のリース販売を国内で開始すると、2012年7月6日に発表した。

「デミオEV」は高効率なリチウムイオンバッテリーを搭載し、200kmの航続(JC08モード/社内測定値)が可能。独自のモーターを採用し、電気自動車としても気持ちの良い走りを目指したという。ベース車両と同じ居住空間と荷室容量が確保されている。

充電時間は200Vの普通充電で8時間(満充電)、急速充電で40分(80%充電)。

ガソリン車の「デミオ13C」(FF車)と比べた場合、「デミオEV」の車両重量は210kg重い1180kg。最高出力は11ps増しの102ps、最大トルクは2.7kgm増しの15.3kgmとなっている。

価格は357万7000円。中国地方の地方自治体や法人顧客を中心に、合計約100台が販売される予定。

(webCG)

「デミオEV」
「デミオEV」 拡大
 
電気自動車「マツダ・デミオEV」リース販売開始の画像 拡大
 
電気自動車「マツダ・デミオEV」リース販売開始の画像 拡大

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
ホームへ戻る