過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売

2012.07.06 自動車ニュース

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2012年7月5日、新型「ロータス・エリーゼS」を発売した。デリバリー開始は、同年9月になる見込み。

今回発売されたロータスの「エリーゼS」は、これまでの「エリーゼSC」に代わるハイパフォーマンスモデルだ。

「エリーゼS」という車名そのものは、かつてトヨタ製の自然吸気1.8リッター直4エンジンを搭載するモデルに与えられていたが、2010年のマイナーチェンジにともない、シンプルな「エリーゼ」に改称。
それから2年を経て、同じくトヨタの手になるスーパーチャージャー付き1.8リッター直4エンジンを搭載するモデルとして“復活”することになった。

そのパワーユニットは、220ps/6800rpm、25.4kgm/4600rpmを発生。既存の「エリーゼ」「エリーゼ クラブレーサー」に搭載される自然吸気の1.6リッター直4(136ps/6800rpm、16.3kgm/4400rpm)に対して、およそ50%増しである。
組み合わされるトランスミッションは6段MTのみ。スポーツモードの選択ボタンも与えられ、「爽快かつ躍動感あふれるドライビング体験を実現する」という。最高速度は、素の「エリーゼ」より30km/hアップの234km/hだ。

そのほか「エリーゼ」との物理的な違いとしては、車重が24kg増しの924kgとなること、ホイールが太くなること(前:5.5J×16、後ろ:7.5J×17→前:6.0J×16、後ろ:8.0J×17)が挙げられる。
タイヤの銘柄やサイズ(ヨコハマ・アドバン ネオバAD07 LTS 前:175/55ZR16、後ろ:225/45ZR17)に変更はない。

価格は、「エリーゼ」より100万円高の610万円。

(webCG 関)

「ロータス・エリーゼS」
「ロータス・エリーゼS」 拡大

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像 拡大

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像 拡大

過給エンジン搭載の「ロータス・エリーゼS」発売の画像 拡大

関連キーワード:
エキシージ, エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る