クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第153回:どうなる「超小型モビリティー」 新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗

2012.07.05 エディターから一言

第153回:どうなる「超小型モビリティー」新型1人乗り超小型電気自動車「コムス」を体験試乗

トヨタ車体が2012年7月2日に販売を開始した、1人乗りの超小型電気自動車「コムス」。
東京・お台場にあるトヨタ自動車のアミューズメント施設「MEGA WEB(メガウェブ)」で記者発表会と試乗会が開催された。
折しもこの6月、国土交通省が「超小型モビリティー(自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人〜2人乗り程度の車両) 導入に向けたガイドライン」を発表したばかりで、この小さな電気自動車に対する関心が高まっている。

コックピットがカッコいい

「関心が高まっている」などと、さも“世間が”のように書いてしまったが、関心を高めちゃっているのは、私個人である。
私は昔から小さい乗り物が好きで、いや乗り物だけでなく、なんでも小さい物に興味を持ってしまうタチなのだ。
食べものも、マグロよりもシシャモが好きだし。

それはともかく、「コムス」だ。
実車を見てまず感じたのが、「お、カッコいいコックピット!」ということである。
3本スポークのステアリングホイールと、その脇にチラリと見えるシルバーのパイプ。
それに1座席のみのシートというたたずまいが、なんとなくゲームセンターにあるレーシングゲームの筐体(きょうたい)みたいなのだ。

一瞬、100円玉を入れる場所を探したくなる。

配達などの仕事で「コムス」を使う人も、乗り込む時にこのコックピットを見ると、ちょっと楽しくなるだろう。

そして、そのコックピットに備わるのが、「コムス」のまさに生命線、充電コードの差し込み口である。
トヨタの「プリウスPHV」や「日産リーフ」などの充電口は「充電ポート」と呼ばれるが、「コムス」の場合はそういう「専用」っぽい形状ではなく、デスクトップパソコンの電源ケーブルを差し込むコネクターとおんなじ形状だ。
このコネクターに電源コードを差し込みコンセントとつなぐと、家庭用100V電源から約6時間で満充電となり、市街地走行でおよそ50km走ることができるそうだ。

ひょっとすると、荷台に市販のガソリン式発電機を積んで充電しながら走れば「シリーズ式ハイブリッド」になるんじゃないかなと思い、近くにいたトヨタ車体のスタッフに聞いてみたところ「いやー、うーん、それはー……」と返事に困っておられたので、そういう使用方法は想定されていないようだ(当たり前だけれども)。

トヨタ車体の新型「コムス」。
トヨタ車体の新型「コムス」。 拡大
ゲームセンターのレーシングゲームみたいなコックピット。
ゲームセンターのレーシングゲームみたいなコックピット。 拡大
でも、シートベルトが付いているのでゲームではない。
でも、シートベルトが付いているのでゲームではない。 拡大
ごく普通の「電源コード」で充電できる。
ごく普通の「電源コード」で充電できる。 拡大

思ったよりずっと走る

発表会に続いて、「ライドワン」という「MEGA WEB(メガウェブ)」の中にある常設の試乗コースで、試乗会が行われた。
早速シートに座ったのだが、ドアがないというのは想像以上に便利なものだ。
そのままスッと乗り込むことができる。どれだけものぐさなんだと思われるかもしれないが、ドアを開くという行為がないだけで、これほどクルマと一体感が生まれるのか、と感じた。

シートに座ってみた印象だが、これが意外や意外、普通の乗用車とそれほど違和感がないのだ。
ただ「ちょっと違うな」と感じるのがサイドミラーの位置。
ハンドルを握る手のレベルよりもずっと下にあって、とても見やすい。
手鏡で自分が見やすいところに合わせて見ているような感覚で、これは一般の車もこうだったらいいのにと思う(構造上むずかしいんだろうけれども)。

さて、座った感じに違和感がないというのは、つまり「ふつう」だということで、乗車前に興奮した「スポーティーさ」はまったくない。
これであと20cm(mmではなく)くらい着座位置が低かったら、グググッとアドレナリンが泉のようにわき出すんだろうけど、仮にわき出したところでこの「コムス」ではおさめようがないんだから、これでいいのだ、と走りだした瞬間に合点した。

アクセルを踏み込むと、まるでモーターのように(モーターなのだが)加速していく。
車両重量は410kgで、バイクでいうと「ホンダ・ゴールドウイング」に近い。
1800ccの、あの走る応接間みたいなバイクだ。
ゴールドウイングに原付規格のモーターを積んでいるようなものなのにこの加速力。
たいしたものだ。
電気モーター特有のトルクの太さ故だろう。

もちろん、「流れをリードする」なんてことはできないが、想像していたよりはずっと速い。これならなんとか街の中でも使えそうだ。
試乗コースが約700mと短かったのだが、その範囲内で運転感覚に危険な印象はなかった。

もっとも、デリバリーユースでの使用を考えると、例えば元気のいいバイト君がホンダの原付三輪バイク「ジャイロキャノピー」の要領でがんばって走っちゃった場合、きっとがんばりがいのなさを感じて、「あんまり面白くないッスネ」と言うのではないだろうか。
うちの近所のピザ屋さんは、屋根付きの三輪バイクの車体を大きく傾けてカーブを曲がっていて、見るたびに「楽しそうだな」と思ってしまうのだが、そういった乗り方はどうやらできなさそうだ。

最後に、私が感じた「コムス」のひとつ残念な点は、その外観だ。
特にカッコ悪いわけではないのだが、せっかく小さいクルマなのだから、昔の「イセッタ」とか「コニー・グッピー」とか「マツダR360クーペ」みたいに、ひと目見ただけで欲しくなっちゃうような、そんなデザインだったらいいのに。

(文=工藤考浩/写真=工藤考浩、webCG)


→「コムス」の姿を写真で紹介。カースコープはこちら。
→「コムス」の関連ニュースはこちら。

ドアがないというのは便利なものだ。
ドアがないというのは便利なものだ。 拡大
このタイヤマークはもちろん「コムス」が残したものではない。
このタイヤマークはもちろん「コムス」が残したものではない。 拡大
ビジネスユース向けモデルの標準塗装色は「塗装レス 材料色(白)」というネーミングで、見た目もマットでカッコいい。
ビジネスユース向けモデルの標準塗装色は「塗装レス 材料色(白)」というネーミングで、見た目もマットでカッコいい。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。