フォード、「フォーカス」に2リッターエンジンを追加

2000.10.25 自動車ニュース

フォード、「フォーカス」に2リッターエンジンを追加(10/25)

フォードジャパンリミテッドは、「フォーカス」の5ドアハッチバックおよびステーションワゴンに、従来の1.6リッターに加え、2リッターエンジンモデル「2000 GHIA」を設定、2000年10月23日から発売を開始した。

搭載されるのは、1969cc直4DOHC「ゼテックE」ユニット。WRC(世界ラリー選手権)で今季3勝をあげ、コンストラクターズランキングでトップに立っている(14戦中12戦終了時)、フォーカスWRCのベースユニットだ。最高出力は131ps/5500rpm、最大トルクは18.2kgm/4500rpm。これに、電子制御4段ATが組み合わされる。

装備面では、運転席アームレストや助手席シートサイドポケット、6:4分割可倒式リアシートや可倒式ルーフアンテナなどが備わった。

価格は、1.6リッターモデルに比べ23万円高、5ドアハッチバックが220.0万円、ステーションワゴンが240.0万円。

 
フォード、「フォーカス」に2リッターエンジンを追加の画像

関連キーワード:
フォーカス, フォード, 自動車ニュース

フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フォード・フィエスタST(FF/5MT)【試乗記】 2008.1.9 試乗記 フォード・フィエスタST(FF/5MT)
    ……249万円(車両本体価格)

    「フォード・フィエスタST」は名門「フォード・チームRS」が送り出すコンパクトホットハッチ。その中身の濃さは諸元だけでは到底分からないものだった。

    『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る