オペル「アストラ」2002年モデル発売

2002.05.07 自動車ニュース

オペル「アストラ」2002年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」シリーズの2002年モデルの販売を、2002年5月11日から開始する。

オペル「アストラ」の2002年モデルは、セダン「サルーンCD」(1.8リッター/258.0万円)、ハッチバック「CD」(1.8リッター/249.0万円)と「Sport」(2.2リッター/277.0万円)と、ステーションワゴン(写真)「ワゴンCD」(1.8リッター/264.0万円)、「ワゴンSport」(2.2リッター/292.0万円)の計5車種。従来までハッチとワゴンに設定されたエントリーグレード「LS」は、今回から外された。
これに、2001年7月発売の「クーペ」と2002年3月から販売されているオープンモデル「カブリオ」を加えて、アストラ・フルラインナップとなる。

新しくなった点は、以下の通り。

●「CD」
新デザインのアルミホイール(6J×15)とインテリアトリム(色はシャドウグレー)
●「Sport」
新デザインアルミホイール(6J×16)とインテリアトリム(色はエボニー)、ヘッドライトウォッシャー付きキセノンヘッドランプの採用

(webCG 有吉)

 
オペル「アストラ」2002年モデル発売の画像

関連キーワード:
アストラセダン, アストラハッチバック, アストラワゴン, オペル, 自動車ニュース

オペル アストラセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。webCG記者がハコネで乗った。


  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
  • FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車に 2020.3.5 自動車ニュース FCAがイタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開。100%電気自動車となっており、パワーユニットには最高出力87kWの電動モーターを搭載。リチウムイオンバッテリーの蓄電量は42kWhで、320kmの航続距離を実現しているという。
  • オペル・アストラワゴン・スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.7.27 試乗記 オペル・アストラワゴン スポーツ(4AT)
    ……284.0万円

    オペルのミドルクラス「アストラワゴン」に、2.2リッター直4と専用サスペンションを搭載した「スポーツ」が追加された。乗ってみて「いい意味で驚いた」という、webCG大川悠エグゼクティブディレクターのインプレッション。


ホームへ戻る