「プジョー508」の1周年記念モデル発売

2012.06.26 自動車ニュース

プジョー、「508」の日本導入1周年記念モデルを発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのフラッグシップモデル「508」の日本導入1周年を記念して、特別仕様車「508 1st Anniversary」(セダン)および「508SW 1st Anniversary」(ステーションワゴン)を2012年7月6日に発売する。価格は424万円から。

ベースは上級モデルの「グリフ」。新デザインの17インチアロイホイールを装着し、ナッパレザーをインテリアに使用するなど、随所により高い質感が与えられている。具体的な装備内容は以下のとおり。

●「508 1st Anniversary」シリーズの特別装備品
・新デザインの17インチアロイホイール(Style 05)。サイズはベース車両と同じ
・ナッパレザーのシート、センターアームレスト、およびドアトリム。色は通常モデルにはないブラウン系の「コイーバ」
・運転席のポジションメモリーおよびアクティブ・ランバーサポート機能
・リバースギア連動チルト機構付きドアミラー
・ウエルカム機能。シートが自動で前後に動いてドライバーの乗降性を向上させる

ボディーカラーは、ペルラネラ・ブラック、エジプシャン・ブルー、ビスター(茶系)、パール・ホワイトの4色。

車両本体価格はセダンが424万円で、ステーションワゴンが447万円。いずれもベース車両の10万円高で、セダンが80台、ステーションワゴンが120台用意される。

(webCG 竹下)

プジョー508 1st Anniversary
プジョー508 1st Anniversary 拡大
プジョー508SW 1st Anniversary
プジョー508SW 1st Anniversary 拡大
特別装備品の17インチアロイホイール(Style 05)。
特別装備品の17インチアロイホイール(Style 05)。 拡大
ナッパレザーのインテリアが与えられる。
ナッパレザーのインテリアが与えられる。 拡大

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
ホームへ戻る