ヤナセ、「Cクラス」の特別仕様車を発売

2012.05.25 自動車ニュース

ヤナセ、メルセデスの販売60周年を記念した「Cクラス」の特別仕様車を発売

ヤナセは2012年5月25日、メルセデス・ベンツ車の販売60周年を記念し、特別仕様の限定車「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited(アニバーサリー リミテッド)」をセダンとワゴンに設定し、発表した。6月9日から開催される記念フェアで販売が開始される。

■スペシャルカラーで個性を演出

「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」は、「C180ブルーエフィシェンシー」をベースに、通常ではメーカー推奨カラーに含まれていないパラジウムシルバーのボディーカラーと、60周年記念エンブレムを採用し、特別な外観を演出した限定モデルだ。

また特別装備として「AMGスポーツパッケージ」「アドバンスト ライト パッケージ」が備わり、前席についてはスポーツシートの代わりに、ポーセレン(乳白色)ステッチ入りレザーARTICOシート(シートヒーター付き・形状は標準シートと共通)が採用されるなど、通常とは異なる仕様となる。

内装には、ピアノラッカー調ポーセレンインテリアトリム、前席アームレストおよびドアパネルとシフトノブへのポーセレンステッチ、本革巻きステアリングホイール(ブラック×ポーセレン)、専用フロアマットが装備される。

セダンでは上記に加え、ガラススライディングルーフと分割可倒式シートも特別装備される。

価格は、セダンがベース車より66万円高い465万円、ステーションワゴンはベース車より44万円高い463万円。それぞれ60台の限定。

(webCG 曽宮)

「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」
「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」 拡大
 
ヤナセ、「Cクラス」の特別仕様車を発売の画像 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る