ヤナセ、「Cクラス」の特別仕様車を発売

2012.05.25 自動車ニュース

ヤナセ、メルセデスの販売60周年を記念した「Cクラス」の特別仕様車を発売

ヤナセは2012年5月25日、メルセデス・ベンツ車の販売60周年を記念し、特別仕様の限定車「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited(アニバーサリー リミテッド)」をセダンとワゴンに設定し、発表した。6月9日から開催される記念フェアで販売が開始される。

■スペシャルカラーで個性を演出

「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」は、「C180ブルーエフィシェンシー」をベースに、通常ではメーカー推奨カラーに含まれていないパラジウムシルバーのボディーカラーと、60周年記念エンブレムを採用し、特別な外観を演出した限定モデルだ。

また特別装備として「AMGスポーツパッケージ」「アドバンスト ライト パッケージ」が備わり、前席についてはスポーツシートの代わりに、ポーセレン(乳白色)ステッチ入りレザーARTICOシート(シートヒーター付き・形状は標準シートと共通)が採用されるなど、通常とは異なる仕様となる。

内装には、ピアノラッカー調ポーセレンインテリアトリム、前席アームレストおよびドアパネルとシフトノブへのポーセレンステッチ、本革巻きステアリングホイール(ブラック×ポーセレン)、専用フロアマットが装備される。

セダンでは上記に加え、ガラススライディングルーフと分割可倒式シートも特別装備される。

価格は、セダンがベース車より66万円高い465万円、ステーションワゴンはベース車より44万円高い463万円。それぞれ60台の限定。

(webCG 曽宮)

「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」
「C180ブルーエフィシェンシー 60th Anniversary Limited」 拡大
 
ヤナセ、「Cクラス」の特別仕様車を発売の画像 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る