フィアット、限定車「500+BILSTEIN」を発売

2012.04.19 自動車ニュース

フィアット、50台限定「500+BILSTEIN」を発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2012年4月19日、「フィアット500」にドイツのサスペンションメーカー、ビルシュタインのサスペンションキットを装着した限定車「500+BILSTEIN(チンクエチェント プラス ビルシュタイン)」を発売した。販売台数は50台限定。

「500+BILSTEIN」は、1.2リッター直4 SOHC 8バルブエンジンに5段MTを組み合わせた「500 1.2 SPORT」をベースに、専用のチューニングが施されたビルシュタイン製サスペンションキットを装着。「軽快な走りをさらに追求した」という限定モデルだ。
「ビルシュタイン製ダンパーの優れた基本性能により、シャープな操舵(そうだ)感と高い操縦安定性を実現。運転する愉しさをさらに高めた」とフィアットはうたう。

特別装備の内容は以下のとおり
「500+BILSTEIN」専用ビルシュタイン製サスペンションキット
・ビルシュタイン製車高調整機能付きダンパー
(フロント倒立、リア正立、500+BILSTEIN専用ステッカー付き)
・H&R製専用スプリング(パソドブレ レッドに塗装)
・ビルシュタインエンブレム(リアハッチ、運転席ドア)

キットに含まれる前後のスプリングは、ベースモデルに用意されるボディーカラーのひとつ「パソドブレ レッド」で塗装。同色の専用ステッカーも用意されるなど、細部にもこだわりを見せる。

価格は208万円。ベースモデルと同価格の設定とされた。

(webCG)

「フィアット500+BILSTEIN」
「フィアット500+BILSTEIN」 拡大
「フィアット500+BILSTEIN」に装着される専用キット。
「フィアット500+BILSTEIN」に装着される専用キット。 拡大

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る