クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第293回:スロットマシーンと健康診断!?
アウトストラーダの風景2013

2013.04.26 マッキナ あらモーダ!

第3車線の住人

イタリアの高速道路「アウトストラーダ」の、各車線の“住人”たちは、時代とともに変わる。アウトストラーダの制限速度は時速130kmである。この130kmという設定、クルマにとっては微妙な速度だ。なぜかというと、車齢が如実にわかるからである。

最新のクルマは、130km巡航を楽々とこなす。そのため、追い越し用である第3車線にたびたび姿を現す。しかし、いくら高性能・高級モデルであっても、経年劣化したクルマたちは、第2車線、第1車線と、無理のないレーンに居場所を変えていく。

例えば、5年ほど前まで第3車線で他車を蹴散らしながら走っていた「アルファ・ロメオ147」や「156」の多くは最近第2車線を走っているようになった。「アルファ164」などに至っては、もはや最も右側の第1車線を時速100km前後で走っていたりする。現在、第3車線は、ドイツ系ブランドとボルボによって独占されているといってよい。

先日「太陽の道」ことアウトストラーダ・デル・ソーレで、そうした彼らと互角に走る、見慣れぬクルマがあったので、「な、なんだ?」と思えば新型「ランチア・テーマ」、つまり「クライスラー300」の姉妹車であった。

イタリアでは、アウトストラーダに乗るまでが大変。複雑かつ、古くて見にくい案内標識に悩まされることもしばしば。ミラノにて。
イタリアでは、アウトストラーダに乗るまでが大変。複雑かつ、古くて見にくい案内標識に悩まされることもしばしば。ミラノにて。
    拡大
なかなか見ないと思っていたら、ようやく「太陽の道」で目撃した新型「ランチア・テーマ」。参考までに2013年2月の欧州での販売台数は339台。
なかなか見ないと思っていたら、ようやく「太陽の道」で目撃した新型「ランチア・テーマ」。参考までに2013年2月の欧州での販売台数は339台。
    拡大
「太陽の道」西セッキアSAの駐車場にて。太陽光パネルは、庇(ひさし)も兼ねている。
「太陽の道」西セッキアSAの駐車場にて。太陽光パネルは、庇(ひさし)も兼ねている。
    拡大

空き店舗の傍らで

それと同じ日のことだ。モデナ周辺で、電光掲示板に不思議な表示を見た。「次のエリアで健康診断を受けられます」といった意味のイタリア語が記されている。ミラノからちょうど2時間走ったところだったので、ボクは次の西セッキア・サービスエリア(SA)で休憩をすることにした。

数年前改装された建物は、エスカレーターで導かれる2階デッキをもつ、モダンな造りだ。しかし1階には、ガランとした空きスペースがある。残された看板を見ると、以前あったアウトレットストアが撤退してしまったらしい。過去にもエリア内の別棟で営業していた店舗が撤退してしまったのは見たことがあるが、いわゆる本館で空き店舗が出てしまうとは。

その傍らで、おじさんたちが群がっている場所があるので見てみると、数台並んだビデオスロット(電子版スロットマシーン)だった。後日知ったのだが、このSAの売店では、2013年1月に500万ユーロ(約6億4000万円)の宝くじが出たという。ジャンルは違えど、運にあやかりたい向きは、少なくないのだろう。空き店舗と射幸心を煽(あお)るゲーム機。イタリアの今を端的に象徴している。

屋外に立つ、太陽の道の拡幅工事の無人解説コーナーは、なんとビデオ付きという豪華版であるが、誰からも相手にされていない。アウトストラーダは民営化されて11年になるが、やることといえば依然お役所仕事である。
唯一マシになったのは、SAレストランにおいてシェア・ナンバーワンを誇る「アウトグリル」が、近年トイレのチップ制度廃止に向かって動いていることくらいである。

西セッキアSAの本館。近年改築されたものだが、手前のアウトレット・ストアは、すでにもぬけの殻。
西セッキアSAの本館。近年改築されたものだが、手前のアウトレット・ストアは、すでにもぬけの殻。
    拡大
アウトレット・ストア跡を中から見たところ。
アウトレット・ストア跡を中から見たところ。
    拡大
ゲーム機コーナー。昼ごはんの後で、運試しをするおじさん多数。
ゲーム機コーナー。昼ごはんの後で、運試しをするおじさん多数。
    拡大
拡幅工事の案内ポール。ビデオ付きだが、誰からも相手にされていなかった。
拡幅工事の案内ポール。ビデオ付きだが、誰からも相手にされていなかった。
    拡大

トラックドライバー用だった

おっと、例の健康診断を忘れてはいけない。どこでやっているのかと見回せば、例の元アウトレットショップの隣、これまた以前は何かの店舗が入っていたと思われるスペースだった。のぞいてみると一人先客がいた。ソファで、パンフレットを読んで順番を待つことにした。
このサービスは太陽の道の2カ所、他のアウトストラーダの2カ所の合計4カ所で、イタリア赤十字の協力のもと実施しているという。

簡易健康診断の内容を紹介しよう。
まずは血圧、骨密度、呼気検査、心拍数だ。加えて、簡単な血液検査もあって、項目は血糖値、コレステロール値、動脈硬化などの目安となるトリアシルグリセロールと続く。「PSA」とはプジョー・シトロエンではなく、前立腺疾患発見の手がかりになるらしい。そのあと希望者は、設置されているモニター画面で、離れたところにいる医師と健康相談もできるという。ちなみに解説によると、血液検査は指先から少量の血液を採取するらしい。
以前、東京・お台場にある「大江戸温泉物語」を訪れたとき、類似の有料健康チェックをしてくれる屋台があって、その時は「痛いのかな、大丈夫かな」とビビり、断念したことを思いだしたが、タダでやってもらえるのだから、おとなしく受診してみようかな……。

と、そんなことを考えていると、赤十字隊員の赤いツナギを来たおばさんが、ボクに気づいてくれた。ところが、どうだ。彼女は「ここはカミオニスタ(トラックドライバー)向けよ」と言うでないか。
最初に発見した電光掲示版にも、コーナーの入り口にも、そんなことは明記していないぞ。唯一それを匂わせるのは、パンフレットに刷られているクルマの写真がトラックのみということだけだった。さらに続いたおばさんの言葉が傑作だった。

「アウティスタは対象外なのよ」。

“Autista”とは、イタリア語でタクシーやハイヤー、バスの運転手を示す。その直後、中国から来た人たちと思われる観光客をたくさん乗せたマイクロバスが、窓の外を通りすぎた。
アウトストラーダを通るクルマもヒトも、時代とともに刻々と変化しているのである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

フェラーリのテストドライブ屋さんの広告があるのは、モデナ周辺のSAならでは。
フェラーリのテストドライブ屋さんの広告があるのは、モデナ周辺のSAならでは。
    拡大
イタリアのSA建物内は保安上の理由などから、順路ができていることが多い。そのためトイレに行くだけでも、帰りには土産物の間を通過しなくてはならない。
イタリアのSA建物内は保安上の理由などから、順路ができていることが多い。そのためトイレに行くだけでも、帰りには土産物の間を通過しなくてはならない。
    拡大
簡易健康診断コーナー。日本でも2011年にNEXCO西日本が1項目500円の健診を試験実施したことがあるが、イタリア版は無料である。
簡易健康診断コーナー。日本でも2011年にNEXCO西日本が1項目500円の健診を試験実施したことがあるが、イタリア版は無料である。
    拡大
「SAで健康診断」のパンフレット。ただし、トラックドライバー限定とは、とほほ。
 「SAで健康診断」のパンフレット。ただし、トラックドライバー限定とは、とほほ。     拡大
健康診断は受けられなかったものの、ビジュアル的には正常値? な筆者。ミラノにて。
健康診断は受けられなかったものの、ビジュアル的には正常値? な筆者。ミラノにて。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。