「プジョー207」シリーズに恒例の特別仕様車

2012.03.22 自動車ニュース

「プジョー207」シリーズに恒例の特別仕様車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年3月22日、プジョーのコンパクトモデル「207」シリーズのエントリーグレード「207 Style(スタイル)」「207SW Style」をベースに、スポーティーな装備を追加した特別仕様車「207 Sportium(スポーティアム)」「207SW Sportium」を設定し発売した。

「207スポーティアム」は、2010年に170台2011年に300台の限定車として販売されたモデル。今回は、一部装備が追加・変更されたほか、「207SW」にも同様の装備を施した特別仕様車が設定された。「207スポーティアム」には約19万円、「207SWスポーティアム」には約17万円相当の装備を追加しながらベースモデル据え置きの価格設定となっている。

特別装備の内容は以下のとおり
●エクステリア
・17インチアロイホイール「ホッケンハイム」/205/45R17タイヤ(207スポーティアム)
・16インチアロイホイール「エストリル」/195/55R16タイヤ(207SWスポーティアム)
・「Sportium」エンブレム(左右フロントドア)
・バックソナー
・スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス

●インテリア
・革巻きスポーツステアリング
・クルーズコントロール/スピードリミッター
・アルミペダル&フロントドアステップガード
・照明付きバニティミラー
・フロアマット

いずれもパワートレインに変更はなく、1.6リッター直列4気筒エンジンに4段ATの組み合わせ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、シャーク・グレー、オブシディアン・ブラック、アデン・レッド、オアシス・ブルーの全5色が用意される。

価格は、207スポーティアムが199万円、207SWスポーティアムは225万円。

(webCG ワタナベ)

「プジョー207スポーティアム」
「プジョー207スポーティアム」 拡大
「プジョー207SWスポーティアム」
「プジョー207SWスポーティアム」 拡大

関連キーワード:
207, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 207 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • 「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂 2021.4.26 デイリーコラム シトロエンから久々のラージサルーン「C5 X」が登場! 話題騒然のニューモデルに、どれほどシトロエンらしさは宿っているのか? 間もなく復活するラージセグメントの“ダブルシェブロン”に、「トラクシオン アヴァン」や「DS」「CX」などの面影を探る。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る