プジョーが新型「308」を発表

2013.05.13 自動車ニュース
新型「プジョー308」
新型「プジョー308」 拡大

プジョーが新型「308」を発表

仏プジョーは2013年5月13日、フランクフルトモーターショー(2013年9月10日開幕)で発表を予定している、新型「308」の概要を発表した。

308はプジョーのラインナップの中核を担うCセグメントコンパクトカーで、今回の新型では全長4.25m、全高1.46mと、現行の308よりボディーサイズを一回り小型化。一方で470リッターの荷室を備えるなど、車内空間には十分な広さを確保しているという。

また、「EMP2」と呼ばれる新開発のプラットフォームの採用などにより、現行モデルから140kgの軽量化を実現。仕様によっては85g/km以下にCO2排出量を抑えることに成功している。

内外装も従来とは一線を画すもので、ヘッドランプにはCセグメントモデルとして初め て、全仕様にフルLEDヘッドランプを標準装備。「Peugeot i-cockpit」と呼ばれるインパネ周りには、小径のステアリングホイールと、ステアリングの上から見るタイプのメーターナセルなど、「208」シ リーズに通じるデザインやレイアウトを採用している。また、オーディオやエアコンなどの操作用に9.7インチのタッチスクリーンを装備。ダッシュボードに 配置するボタン類の数を必要最小限に抑えている。

(webCG)

新型「プジョー308」のより詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
308, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る