「スバル・レガシィ」にお買い得な特別仕様車

2013.05.14 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」にお買い得な特別仕様車

富士重工業は2013年5月14日、「スバル・レガシィ」シリーズに特別仕様車「2.5i B-SPORT/2.5i B-SPORT EyeSight」を設定し、発売した。併せてシリーズ全体のグレードラインナップを見直して、商品力を強化した。

 

「2.5i B-SPORT/2.5i B-SPORT EyeSight」は、レガシィシリーズのエントリーモデルに相当する特別仕様車。廉価な価格設定でありながら、スポーティーグレードの「2.5i EyeSight S Package」と共通デザインのフロントグリルやブラックベゼルHIDロービームランプなどが装着されるほか、マルチインフォメーションディスプレイや左右独立温度調整式フルオートエアコンなど、上級グレード譲りの装備が与えられる。
「ツーリングワゴン」と「B4」にはB-SPORTとB-SPORT EyeSightの両方が、「アウトバック」には後者のみが設定された。

さらに、メーカーオプションを装着した「2.5i B-SPORT EyeSight G Package」が、ツーリングワゴンとB4に設定された。ガンメタリック塗装の17インチアルミホイールなどの外装に加え、アルミパッド付きスポーツペダルやカーボン調加飾パネル、スポーティークロスと合皮のコンビシートなど、内装も2.5i EyeSight S Packageをイメージさせるものとなっている。

メーカー希望小売価格は以下のとおり。

<ツーリングワゴン>
・2.5i B-SPORT:252万円
・2.5i B-SPORT EyeSight:262万5000円
・2.5i B-SPORT EyeSight G Package:278万2500円
<B4>
・2.5i B-SPORT:236万2500円
・2.5i B-SPORT EyeSight:246万7500円
・2.5i B-SPORT EyeSight G Package:262万5000円
<アウトバック>
・2.5i B-SPORT EyeSight:294万円

また今回、レガシィシリーズはこの特別仕様車の展開と併せてシリーズ全体のグレードラインナップが見直され、商品力が強化されている。

(webCG)

スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.5i B-SPORT EyeSight G Package
スバル・レガシィ ツーリングワゴン2.5i B-SPORT EyeSight G Package 拡大
スバル・レガシィ アウトバック2.5i B-SPORT EyeSight
スバル・レガシィ アウトバック2.5i B-SPORT EyeSight 拡大

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, レガシィツーリングワゴン , スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る