「プジョー208」に2つの新グレードが登場

2013.05.15 自動車ニュース
「プジョー208GTi」
「プジョー208GTi」
    拡大

「プジョー208」にスポーティーな「GTi」とおしゃれな「XY」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月15日、「プジョー208」に新グレード「GTi」と「XY」を設定し、同年7月1日に発売すると発表した。

「208GTi」のインテリア
「208GTi」のインテリア
    拡大
「208XY」
「208XY」
    拡大
「208XY」のインテリア
「208XY」のインテリア
    拡大

今回追加された208GTiは、最高出力200ps(147kW)/6000rpm、最大トルク28.0kgm(275Nm)/1700rpmを発生する、1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレードである。トランスミッションは「GT」などと同じ6段MTだが、動力性能を重視して2~6速をローギア化。エクステリアは専用デザインのグリルや17インチアロイホイールの「Carbone」、エキゾーストフィニッシャー、赤く塗装されたブレーキキャリパーなどで、他のグレードと差別化を図っている。
インテリアも赤いアクセントカラーで専用にコーディネートされており、シートにはブラック・ナッパレザー/ファブリックのGTi専用コンビシートが装備される。

一方208XYは、156psのターボエンジンを搭載したGTをベースに、内外装を専用にコーディネートしたラグジュアリースポーツグレードである。ボディーカラーはいずれも新色で、XY専用色の「ダーク・ブルー」と「パープル・ナイト」の2色を用意。フロントグリルや17インチアロイホイールの「Mercure」、エキゾーストパイプを隠すリアバンパーの処理など、随所にXY専用のデザインが取り入れられている。
装備も充実しており、208シリーズで唯一パノラミックガラスルーフを標準装備。シート表皮にはブラック・テップレザーとアルカンターラ、ファブリックが組み合わされている。

トランスミッションはいずれも6段MTで、ハンドル位置は右、ボディータイプは3ドアのみ。価格は208GTiが299万円、208XYが269万円。

(webCG)

→「プジョー208GTi」と「208XY」のより詳細な写真はこちら

→「プジョー208GTi」の試乗記はこちら
 

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<AD> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
ホームへ戻る