「プジョー208」に2つの新グレードが登場

2013.05.15 自動車ニュース
「プジョー208GTi」
「プジョー208GTi」
    拡大

「プジョー208」にスポーティーな「GTi」とおしゃれな「XY」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月15日、「プジョー208」に新グレード「GTi」と「XY」を設定し、同年7月1日に発売すると発表した。

「208GTi」のインテリア
「208GTi」のインテリア
    拡大
「208XY」
「208XY」
    拡大
「208XY」のインテリア
「208XY」のインテリア
    拡大

今回追加された208GTiは、最高出力200ps(147kW)/6000rpm、最大トルク28.0kgm(275Nm)/1700rpmを発生する、1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレードである。トランスミッションは「GT」などと同じ6段MTだが、動力性能を重視して2~6速をローギア化。エクステリアは専用デザインのグリルや17インチアロイホイールの「Carbone」、エキゾーストフィニッシャー、赤く塗装されたブレーキキャリパーなどで、他のグレードと差別化を図っている。
インテリアも赤いアクセントカラーで専用にコーディネートされており、シートにはブラック・ナッパレザー/ファブリックのGTi専用コンビシートが装備される。

一方208XYは、156psのターボエンジンを搭載したGTをベースに、内外装を専用にコーディネートしたラグジュアリースポーツグレードである。ボディーカラーはいずれも新色で、XY専用色の「ダーク・ブルー」と「パープル・ナイト」の2色を用意。フロントグリルや17インチアロイホイールの「Mercure」、エキゾーストパイプを隠すリアバンパーの処理など、随所にXY専用のデザインが取り入れられている。
装備も充実しており、208シリーズで唯一パノラミックガラスルーフを標準装備。シート表皮にはブラック・テップレザーとアルカンターラ、ファブリックが組み合わされている。

トランスミッションはいずれも6段MTで、ハンドル位置は右、ボディータイプは3ドアのみ。価格は208GTiが299万円、208XYが269万円。

(webCG)

→「プジョー208GTi」と「208XY」のより詳細な写真はこちら

→「プジョー208GTi」の試乗記はこちら
 

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る