富士重工が「BRZ」と「86」をラインオフ

2012.03.19 自動車ニュース

富士重工が「スバルBRZ」と「トヨタ86」のラインオフ式を実施

富士重工業は2012年3月16日、トヨタ自動車と共同開発した「スバルBRZ」と「トヨタ86」の本格量産を、同社の群馬製作所本工場(群馬県太田市)で開始。同日、トヨタの豊田章男社長を迎え、ラインオフ式を行った。

ラインオフ式典でトヨタの豊田社長は、「新型車の開発から生産準備、販売準備に携わってこられた富士重工業の皆さまをはじめ、すべての方々のご尽力に心より感謝申し上げます。スバルBRZとトヨタ86は、富士重とトヨタでなければ実現しなかったクルマであり、“もっといいクルマをつくる”ために始めた提携が、確実に実を結んだことを本当にうれしく思っています」と述べた。

一方、富士重工の吉永泰之社長は、「このクルマは当社の企業戦略において、二つの特別な意味を持っています。一つ目はトヨタとのアライアンスの進展であり、二つ目は“選択と集中”戦略の進展です。本日の生産開始は一つの大きなステップですが、決してゴールではありません」と述べた。

富士重工とトヨタは2005年10月に業務提携の基本合意をした後、2008年4月に開発・生産における協力関係に合意し、それに基づきFRスポーツカーの共同開発をスタートさせた。それから約4年間の開発期間を経て、量産開始にいたった。

(webCG 竹下)

富士重工の吉永泰之社長(左)とトヨタの豊田章男社長。
富士重工の吉永泰之社長(左)とトヨタの豊田章男社長。 拡大
 
富士重工が「BRZ」と「86」をラインオフの画像 拡大
 
富士重工が「BRZ」と「86」をラインオフの画像 拡大

関連キーワード:
BRZ, 86, スバル, トヨタ, -->, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバルBRZ GT300」シェイクダウンイベントの会場から 2021.2.24 画像・写真 2021年シーズンのSUPER GTに参戦するニューマシン、新型「スバルBRZ GT300」のシェイクダウンが、富士スピードウェイで行われた。その様子とマシンのディテールを写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る