BMW 7シリーズに特別な内外装の限定車が登場

2013.05.21 自動車ニュース
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」
    拡大

「BMW 7シリーズ」に特別な内外装の限定モデルが登場

BMWジャパンは2013年5月21日、BMWの最上級セダン「7シリーズ」に、特別仕様車「V12 Bi-Turbo(ビターボ)」を設定し、受注を開始した。

今回の限定モデルは、「7シリーズ」のV12ツインターボ搭載車をベースに、BMW M社が手掛けた専用装備を取り入れたものである。

エクステリアでは、フロントエプロンとリアスカートからなる「Mエアロダイナミクス・パッケージ」に加え、大径の「21インチアロイホイール Vスポーク・スタイリング463」を特別に採用。「V12 Bi-Turbo」と「M」のレタリングが刻まれたトランクリッドフィニッシャーやキドニーグリル、デュアルツインエキゾーストテールパイプなどはダーククロム仕上げとなっている。
ボディーカラーは、7シリーズに通常設定のある色に、Mモデルの専用色であるシンガポール・グレーやシルバーストーンIIなどを加えた全21色が用意されている。

一方内装には、オイスターのエクスクルーシブ・ナッパレザーインテリアや、ピアノの製作工程と同様のピアノ・ラッカー技術を利用して製造されるBMW Individualピアノフィニッシュ・ブラックトリム、iDriveコントローラーやセレクターレバーなどにダークカラー仕上げのセラミック素材を使用したセラミック・フィニッシュなどを採用。インテリアのステッチはレッドオレンジ、ブラック、ブルーの3色から選択が可能で、シートのヘッドレストには「V12」の刺しゅうが、ドアシルプレートには「V12 Bi-Turbo」のロゴがあしらわれている。

また、1200W/16スピーカー/16チャンネルサラウンドのオーディオに、LEDのイルミネーションを組み合わせた、バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステムを標準装備している。

受注期間は2013年8月末まで、生産台数は世界で52台の限定で、価格は2260万円。納車は、同年10月からを予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
7シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
ホームへ戻る