BMW 7シリーズに特別な内外装の限定車が登場

2013.05.21 自動車ニュース
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」
    拡大

「BMW 7シリーズ」に特別な内外装の限定モデルが登場

BMWジャパンは2013年5月21日、BMWの最上級セダン「7シリーズ」に、特別仕様車「V12 Bi-Turbo(ビターボ)」を設定し、受注を開始した。

今回の限定モデルは、「7シリーズ」のV12ツインターボ搭載車をベースに、BMW M社が手掛けた専用装備を取り入れたものである。

エクステリアでは、フロントエプロンとリアスカートからなる「Mエアロダイナミクス・パッケージ」に加え、大径の「21インチアロイホイール Vスポーク・スタイリング463」を特別に採用。「V12 Bi-Turbo」と「M」のレタリングが刻まれたトランクリッドフィニッシャーやキドニーグリル、デュアルツインエキゾーストテールパイプなどはダーククロム仕上げとなっている。
ボディーカラーは、7シリーズに通常設定のある色に、Mモデルの専用色であるシンガポール・グレーやシルバーストーンIIなどを加えた全21色が用意されている。

一方内装には、オイスターのエクスクルーシブ・ナッパレザーインテリアや、ピアノの製作工程と同様のピアノ・ラッカー技術を利用して製造されるBMW Individualピアノフィニッシュ・ブラックトリム、iDriveコントローラーやセレクターレバーなどにダークカラー仕上げのセラミック素材を使用したセラミック・フィニッシュなどを採用。インテリアのステッチはレッドオレンジ、ブラック、ブルーの3色から選択が可能で、シートのヘッドレストには「V12」の刺しゅうが、ドアシルプレートには「V12 Bi-Turbo」のロゴがあしらわれている。

また、1200W/16スピーカー/16チャンネルサラウンドのオーディオに、LEDのイルミネーションを組み合わせた、バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステムを標準装備している。

受注期間は2013年8月末まで、生産台数は世界で52台の限定で、価格は2260万円。納車は、同年10月からを予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
7シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • マクラーレン720S(後編) 2021.1.17 思考するドライバー 山野哲也の“目” 前編で「マクラーレン720S」を未来型スーパーハンドリングマシンと評した山野哲也。後編ではそのハンドリング性能を支えるポイントについて、レーシングドライバーの視点から解説してもらおう。
ホームへ戻る