アストンが「V12ヴァンテージS」を発表

2013.05.29 自動車ニュース
「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」
「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」
    拡大

アストン・マーティンが「V12ヴァンテージS」を発表

英アストン・マーティンは2013年5月28日、「V12ヴァンテージS」を発表した。

「V12ヴァンテージS」は、従来モデルの「V12ヴァンテージ」に代わる「ヴァンテージ」シリーズの最上級モデルである。

エンジンは「AM28」と呼ばれる6リッターV12で、最高出力は従来モデルを56ps上回る573ps/6750rpm、最大トルクは同じく5.1kgmアップの63.2kgm/5750rpmを発生。トランスミッションには7段セミATの「スポーツシフトIII」が組み合わされる。このトランスミッションは「V8ヴァンテージS」から導入が進められているもので、従来の6段MTと比べて25kgも軽量。ファイナルドライブレシオは3.7:1で、最高速は330km/hとうたわれている。
またエキゾーストシステムも、「One-77」由来の軽量コンパクトなものに一新された。

一方、足まわりでは、ヴァンテージ・シリーズとして初めて「Normal」「Sport」「Track」の3段階に減衰特性を調整できる、アダプティブダンピングシステムを採用。これと連動してパワーステアリングの特性を制御する、ZF製のサーボトロニックも搭載された。

内外装も一部が変更されており、エクステリアではこれまでのアルミ製に代えて、カーボンファイバー製のフロントグリルを採用。メッシュにはブラックカーボンファイバーとチタニウムシルバーの2種類が用意されており、グリル形状もエンジンルームへの空気の流入量を増やすため、コンセプトカーの「CC100スピードスター」を意識したものに改められた。
このほかにも、新デザインの10スポークアロイホイールや、ルーフなどをブラックで塗り分けるエクステリアグラフィックスパックなどが新たに採用された。

一方インテリアでは、軽量なカーボンファイバー製のスポーツシートをオプション設定。同じくカーボン製のインパネやドアハンドル、ブラックのフットペダルなどからなる、カーボンファイバーインテリアパックも用意されている。

(webCG)

→「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」のより詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【海外試乗記】 2013.11.20 試乗記 レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる「V12ヴァンテージS」。その走りをアメリカ、カリフォルニアのパームスプリングスで試した。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る