スマートにイエロー&ブラックの限定モデル登場

2013.07.03 自動車ニュース
「スマート・フォーツー クーペmhd edition cityflame」
「スマート・フォーツー クーペmhd edition cityflame」
    拡大

「スマート・フォーツー」にイエロー&ブラックの限定モデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年7月3日、「スマート・フォーツー」の特別仕様車「クーペmhd edition cityflame」を80台限定で発売した。

今回の限定モデルは、上級グレードの「クーペmhd passion」をベースに、内外装をイエローとブラックでコーディネートしたものである。

仕様、装備の詳細は以下の通り。

<エクステリア>
・フレームイエローボディーカラー
・ボディー同色スタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リア&サイドスカート)
・ブラックトリディオンセーフティーセル
・ブラックフロントグリルフレーム
・ブラックドアミラーカバー
・専用デザインブラックペイント15インチ3ダブルスポークアルミホイール&ワイドタイヤ
・ダークヘッドライトユニット
・専用エンブレム“cityflame”

<インテリア>
・専用デザイン3スポーク本革巻きスポーツステアリング&シフトノブ(パドルシフト付き・フレームイエローステッチ入り)
・専用デザインブラックレザー調ダッシュボード(フレームイエローステッチ入り)
・専用デザインレザーツインシート(シートヒーター付き・フレームイエローステッチ入り)
・クルーズコントロール
・トリップコンピューター付きメーターパネル
・コックピットクロック&レブカウンター
・専用ベロアマット(“cityflame”ロゴ付)
・ブラックアクセントパーツ

価格はベース車から9万円アップの193万円。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「スマート・フォーツー」にガソリンモデル最後の限定車が登場 2019.4.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年4月19日、コンパクトカー「スマート・フォーツー」の特別仕様車「ブラックシルバー エディション」と「カブリオ ホワイトブラウン エディション」を、計80台の台数限定で販売すると発表した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
ホームへ戻る