メルセデスの新型「Sクラス」にAMGモデル登場【フランクフルトショー2013】

2013.07.18 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS63 AMG」
「メルセデス・ベンツS63 AMG」
    拡大

【フランクフルトショー2013】メルセデスの新型「Sクラス」にAMGモデル登場

独ダイムラーは2013年7月17日、新型「メルセデス・ベンツSクラス」の高性能モデル「S63 AMG」シリーズの概要を公開した。

今回情報が公開されたのは、「S63 AMGショートホイールベース」「S63 AMGロングホイールベース」「S63 AMG 4MATICロングホイールベース」の3グレード。エンジンは従来のモデルと同じ「M157」と呼ばれる5.5リッターV8ツインターボで、最高出力は585ps(430kW)/5500rpm、最大トルクは91.8kgm(900Nm)/2250-3750rpmとなっている。

これに組み合わされるトランスミッションは、7段ATの「AMGスピードシフトMCT」。駆動方式は、S63 AMGショートホイールベース、S63 AMGロングホイールベースがFR、S63 AMG 4MATICロングホイールベースが、通常走行時にフロント:リア=33:67の比率で駆動力を配分するフルタイム4WDシステムを採用している。

足まわりはFR車と4WD車で仕様が異なり、前者にはステレオカメラで路面の状況を読み取り、サスペンションの減衰力を調整する「MAGIC BODY CONTROL(マジック ボディー コントロール)」と呼ばれる機能を採用。後者には、減衰力調整システム付きエアサスペンションの「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用している。

また、ルーフやフロントまわりを含むボディーパネル全体をアルミニウム製とするなど、軽量化にも配慮。鍛造軽量アロイホイールやリチウムイオン式スターターバッテリーの採用などとも相まって、車両重量は1970kg~1995kgと、従来モデルに比べ最大100kg軽量化されている。

動力性能は、0-100km/h加速はFR車で4.4秒、4WD車で4.0秒。最高速度は全車250km/hでリミッターが作動する。一方燃費については、FR車が10.1リッター/100km(約9.9km/リッター)、4WD車が10.3リッター/100km(約9.7km/リッター)となっている。(いずれもNEDC複合モード)

実車の発表は、2013年9月開催のフランクフルトモーターショーを予定。本国での価格は、S63 AMGショートホイールベースが14万9880.5ユーロ(約1948万円、1ユーロ=130円で換算)、S63 AMG 4MATICロングホイールベースが15万2617.5ユーロ(約1984万円)。

(webCG)
 

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(後編) 2021.4.8 谷口信輝の新車試乗 日ごろからさまざまなメルセデス・ベンツ車を経験している、レーシングドライバー谷口信輝。そんな“メルセデス通”を驚かせた、新型「Sクラス」の乗り味とは? プロが感じた走りの特徴についてリポートする。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(前編) 2021.4.29 試乗記 世界各国のモーターサイクルが今年も神奈川・大磯に大集結! JAIA輸入二輪車試乗会の会場から、まずは「BMW R18」と「ハーレーダビッドソン・ファットボーイ114/アイアン883」の走りをお届けする。皆同じクルーザーだが、いずれも強烈な個性の持ち主だった。
ホームへ戻る