メルセデス「CLA」に日本導入記念モデルが登場

2013.07.24 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLA250 エディション1」
「メルセデス・ベンツCLA250 エディション1」
    拡大

メルセデス「CLA」に日本導入記念モデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年7月24日、「CLAクラス」の日本発売を記念した「CLA250 エディション1」を300台の台数限定で発売した。

CLA250 エディション1は、2リッター直噴ターボエンジンを搭載した「CLA250」をベースに、専用の内外装や装備を採用したものである。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

<エクステリア>
・ハイグロスブラックペイント18インチAMGマルチスポークアルミホイール
・クロム付きハイグロスブラックルーバーフロントグリル
・ブラックドアミラー
・ブラックウィンドウライントリム

<インテリア>
・エディション1 専用シートデザイン(レザーDINAMICA ネオンアートブラック)
・前席シートヒーター
・レザーARTICOダッシュボード(イエローステッチ付き)
・イエローステッチ付きドアアームレスト&センターアームレスト
・エディション1 専用フロアマット(「エディション1」ロゴ入り)
・コンビニエンスオープニング・クロージング機能

<装備>
・セーフティーパッケージ(ブラインドスポットアシスト、ディストロニック・プラス、レーンキーピングアシスト、CPAプラス<緊急ブレーキ機能>、PRE-SAFE)

ボディーカラーはポーラーシルバーとコスモブラックの2種類で、販売台数は前者が200台、後者が100台。内装色はいずれもネオンアートブラックで、インテリアトリムにはブラッシュドアルミニウムが用いられている。

価格はベース車より51万円高の510万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CLAクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る