究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】

2012.03.09 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】究極のオープン「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」登場

伊ランボルギーニは、2012年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーに、スーパースポーツ「アヴェンタドール」のオープンモデルである「アヴェンタドールJ」を出品した。

■公道走行可能なワンオフモデル

ルーフばかりかフロントウィンドウまで取り去った究極のオープンスポーツ、それが「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」だ。名前にある「J」は、モータースポーツで使用される車両を分類・定義する「FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項」に由来する。

6.5リッターV12を積む「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」をベースとしたアヴェンタドールJは、ベース車両同様、カーボンモノコックボディーを採用。オープン化にともないモノコックの多く部分が新設計されて、必要な補強も施されるが、車両重量はベースモデルよりもむしろ軽いという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4890×2030×1110mmと、全高の低さが際だっている。最も高い位置にあるのは、アームの先端に取り付けられたルームミラーと、シート後方に設けられた2本のロールオーバーバー。運転席、助手席の前方にはウインドディフレクターが設けられるが、走行時にはヘルメットやゴーグルなどが不可欠。そのぶん、通常のオープンカーとは別次元のスピード感が味わえるはずだ。

アグレッシブな印象を与えるフロントマスクは、レーシングカーを連想させるカーボン製のエアインテークが圧倒的な存在感を放っている。一方、リアには大型のリアウイングとリアディフューザーを設置することで、優れた空力特性を実現。特徴的なデザインの4本のテールパイプとテールランプとともに、パフォーマンスの高さを誇示するかのようだ。跳ね上げ式のドアはアヴェンタドール譲り。フロント20インチ、リア21インチの5スポークアルミホイールはセンターロック式で、カーボンのインサートはベンチレーション効果をもたらすという。

インテリアは、ボディー同色のセンターコンソールによってドライバーとパッセンジャーが分断される。ナビゲーションシステムやオーディオは装着されず、走りを楽しむための最低限の機能が用意されるだけだ。ダッシュボードやシートに見られるカーボン柄の素材は、本物のカーボンファイバーを織り上げたのち、特殊な樹脂を浸透させた「カーボンスキン」。自動車に採用されるのはこれが初めてで、適度に柔軟性が確保されるため、将来的には、ファッションなど自動車以外の分野での応用も期待されている。

すべてがスペシャルなアヴェンタドールJは、単なるコンセプトカーと思いきや、公道走行が可能な“ワンオフ”モデルであり、ジュネーブショーの閉幕後は、幸運なオーナーの手元に届けられるということだ。

(文=生方聡)

「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」 拡大

究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大
究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
ホームへ戻る