「キャデラックATS」に新グレード登場

2013.08.30 自動車ニュース
「キャデラックATS」
「キャデラックATS」
    拡大

「キャデラックATS」に新グレード登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年8月30日、「キャデラックATS」に一部改良を実施し、同年9月1日に発売すると発表した。

今回の改良では、前方車両のヘッドランプまたはテールランプを感知した場合、ハイビームを自動的にロービームに切り替えるインテリビーム機能や、フロントアクセサリーランプを標準装備化。室内ミラーをフレームレスタイプに変更した。

またこれまでの「ATSプレミアム」に代えて、新たな上級グレードとして「ATSパフォーマンス」を設定した。

ATSパフォーマンスの専用装備は以下の通り。
・イルミネーティングドアハンドル
・電動サンルーフ(サンシェード付き、専用オプション)
・18インチマシンフィニッシュ鍛造アルミホイール/サマータイヤ(ランフラット)
・リム部直径を4mm拡大したスポーツステアリングホイール
・カラー表示ヘッドアップディスプレイ
・運転席2ウェイパワーサイドサポート
・フロント2ウェイマニュアルサイサポート
・スポーツアルミペダル
・マグネシウム製ステアリングパドルシフトスイッチ
・パフォーマンスサスペンション
・MRC(マグネティックライドコントロール<磁性流体減衰力制御システム>)
・パフォーマンスクーリングシステム
・MRC連動機能付きドライバーモードコントロール
・LSD(リミテッドスリップデファレンシャル)

価格はATSラグジュアリーが456万円、ATSパフォーマンスは486万円。

(webCG)

関連キーワード:
ATSセダン, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック ATSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
ホームへ戻る