アバルトから2台の限定モデル【フランクフルトショー2013】

2013.09.13 自動車ニュース
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」 拡大

【フランクフルトショー2013】アバルトから2台の限定モデル

フィアットグループで元気がよかったのがアバルト。「595」のデビュー50周年を記念するスペシャルモデルなどを発表して、ラインナップに華を添えた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」 拡大
「アルファ・ロメオ4C」
「アルファ・ロメオ4C」 拡大
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。 拡大

■「595 50° アニヴェルサリオ」は299台限定

ブランドの出自に立ち戻ったと言うべきか、ホイールやマフラー、ステアリング、ペダル類などのアクセサリーを多数展示していたアバルト。ブースの主役は「595」のデビュー50周年(オリジナルの「アバルト595」は1963年デビュー)を記念した「595 50° アニヴェルサリオ」だった。
299台の限定車で、ボディーはつや消し白に赤いストライプという、記念モデルらしいおめでたいカラーリングである。シートとインテリアも同じカラーコンビネーションとなり、シートのバックレストには車名の「595」が赤い糸で刺しゅうされている。1.4リッターターボユニットは180psを発生する。

また、「695エディツィオーネ マセラティ」の第2弾となる“レコルドグレー”バージョンを発表。49台限定で発売する。第1弾のボディーカラーが“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(ワインレッド)だったの対し、こちらはその名にもあるとおりグレー(ガンメタリック)。キャンバストップは黒で、シートはビスケットを思わせるベージュとなる。

一方、同じフィアットグループのアルファ・ロメオは、「4C」を中心に置いた展示を行った。4C自体はすでに発表済みであるために、今回はその軽量な構造のアピールに力を入れていた。4Cの車重は乾燥重量で895kgしかない。240psを発生する1.75リッターの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.5秒。最高速は258km/hと発表されている。

(文と写真=金子浩久)

関連キーワード:
595ツーリズモ, 695エディツィオーネ マセラティ, 4C, アバルト, アルファ・ロメオ, フランクフルトモーターショー2013, 自動車ニュース

アバルト 595ツーリズモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る