メルセデス・ベンツが「Mクラス」の装備を強化

2013.09.20 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツ Mクラス」
「メルセデス・ベンツ Mクラス」
    拡大

メルセデス・ベンツが「Mクラス」の装備を強化

メルセデス・ベンツ日本は2013年9月17日、SUV「Mクラス」の装備内容を強化し、販売を開始した。

 

今回の改良では、5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを用いて車両の前方や左右後方を監視し、衝突事故の危険を低減する「レーダーセーフティーパッケージ」と、車両の周囲を俯瞰(ふかん)したような合成映像で確認できる「360度カメラシステム」を全車に標準装備とした。

また、「ML350ブルーテック4MATIC」のアルミホイールをこれまでの18インチから19インチ5ツインスポークタイプに変更。「ML63 AMG」にはステンレス製ランニングボード(ラバースタッド付き)と後席シートヒーターを装備した。

オプションの設定も変更しており、「ML350 4MATIC」とML350ブルーテック 4MATICに用意されるオプションパッケージの内容と価格を統一。「コンフォートパッケージ」は40万円、「ラグジュアリーパッケージ」は30万円、「AMGスポーツパッケージ」は35万円、「AMGエクスクルーシブパッケージ」は65万円となった。

バリエーションと価格は、「ML350 4MATIC」が従来モデルより10万円高の760万円、「ML350ブルーテック 4MATIC」が据え置きの790万円、「ML63 AMG」が20万円高の1510万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Mクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Mクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • 「レンジローバー」の2021年モデル受注開始 特別なアイテムを装着した限定車も 2020.9.11 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年9月11日、ラグジュアリーSUV「ランドローバー・レンジローバー」の2021年モデルを導入すると発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る