MINIが4WD車の設定を拡大

2013.09.20 自動車ニュース
「MINIクーパー クロスオーバーALL4」
「MINIクーパー クロスオーバーALL4」
    拡大

MINIが4WD車の設定を拡大

BMWジャパンは2013年9月19日、「MINIクロスオーバー」および「MINIペースマン」の「クーパー」グレードに4WD車を設定し、販売を開始した。

■自然吸気エンジン搭載車でも4WDが選択可能に

これまで「MINIクロスオーバー」「MINIペースマン」の4WD車は、ターボエンジンを搭載している「クーパーS」や「ジョンクーパーワークス」のみに設定されていたが、今回、新たに自然吸気エンジン搭載の「クーパー」にも設定されることとなった。

MINIの4WDシステムは「MINI ALL4」と呼ばれるフルタイム式のもので、ファイナルドライブに直接取り付けられた電子制御油圧式ディファレンシャルにより、前後アクスルの駆動力配分を無段階に制御。状況に応じて前:後=100%:0%の状態から前:後=0%:100%の状態まで、駆動力を配分することが可能とされている。

今回追加されたグレードの価格は以下の通り。
・MINIクーパー クロスオーバーALL4(6MT):320万円
・MINIクーパー クロスオーバーALL4(6AT):333万円
・MINIクーパー ペースマンALL4(6MT):333万円
・MINIクーパー ペースマンALL4(6AT):346万円


■クーパーSには新たなオプションパッケージが登場

また今回、ターボ車の「MINIクーパーS クロスオーバー」と「MINIクーパーS ペースマン」に新たなデザインパッケージ「JCWチリパッケージ」を設定した。

装備の内容は以下の通り。MINIのハイパフォーマンスモデルであるジョンクーパーワークスに通じる内外装のデザインや、よりスポーティーな走りを得ることができるという。

JCWチリパッケージ装備内容
・ボディーカラー・チリレッド(オプション)
・ジョンクーパーワークス・エアロダイナミックキット
・8インチアロイホイール・ツインスポークブラックバーニッシュド(7.5 J x 18、225/45 R18)
・ダークスタイル(ブラックチェッカード・ミラーキャップ、ブラックチェッカード・サイドスカットル)
・スポーツサスペンション(4WD車には標準装備)
・スポーツボタン
・ランフラットタイヤ
・クロス/レザー・パラレルラインシート(MINIクロスオーバーのみ)
・クロス/レザー・ホットクロスシート(MINIペースマンのみ)
・マルチファンクションステアリング
・ジョンクーパーワークス・レザーステアリング(3本スポーク、AT仕様はパドルスイッチ付き)
・ヘッドライナー・アンスラサイト
・インテリアサーフェス・ブラックチェッカード
・レインセンサー(自動ドライビングライト付き)

価格はMINIクーパーS クロスオーバー用が37万円、MINIクーパーS ペースマン用が35万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINIペースマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.9 試乗記 いまや、MINIの基盤といえる「3ドア」以上の人気モデルに成長した「5ドア」。ディーゼルの上級モデル「クーパーSD」をロングドライブに連れ出し、2度目のマイナーチェンジで進化し磨きがかけられた個性と、支持を集めるその理由を探った。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(後編) 2021.10.10 池沢早人師の恋するニューモデル 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のステアリングを握り、前回のリポートで「薄味だ」との感想を漏らした漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。最高出力306PSを誇る高性能モデルを、なぜそのように評価したのか。続きをうかがった。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(前編) 2021.10.3 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「MINIクラブマン」のハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。MINIとはどこか縁遠い印象のある漫画界のレジェンドだが、個性的なクラブマンのキャラクターはその目にどう映ったのか。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
ホームへ戻る