ポルシェが「911ターボ」のオープンモデル発売

2013.09.25 自動車ニュース
「ポルシェ911ターボカブリオレ」
「ポルシェ911ターボカブリオレ」 拡大

ポルシェが「911ターボ」のオープンモデル発売

ポルシェ ジャパンは2013年9月24日、「911ターボカブリオレ」「911ターボSカブリオレ」の予約受付を開始した。

 

911ターボカブリオレと911ターボSカブリオレは、2013年5月に発表された「911ターボ」「911ターボS」のオープントップモデルであり、同年11月20日に開幕するロサンゼルスモーターショーで世界初公開が予定されている。

パワーユニットなどはベース車に準じたもので、911ターボカブリオレには最高出力520psの、911ターボSカブリオレには同560psの3.8リッター水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT「PDK」を、駆動システムには4WDの「PTM」を採用している。

また、リアアクスルステアやアクティブエアロダイナミクスなどの先進装備もベース車から踏襲。これらの技術により、0-100km/h加速は911ターボカブリオレが3.5秒、911ターボSカブリオレが3.2秒、最高速は前者が315km/h、後者が318km/hという動力性能を発揮する。

約13秒で開閉するルーフはソフトトップ式で、フレームには軽量マグネシウムを採用。車速50km/h以下なら走行中にも操作することができる。

価格は以下の通り。
・911ターボカブリオレ:2249万円
・911ターボSカブリオレ:2710万円

(webCG)

→「ポルシェ911ターボカブリオレ」のより詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る