アウディが「RS」モデル3車種を日本に導入

2013.10.08 自動車ニュース
「アウディRS 6アバント」とアウディ ジャパン代表取締役社長の大喜多 寛氏。
「アウディRS 6アバント」とアウディ ジャパン代表取締役社長の大喜多 寛氏。
    拡大

アウディが「RS」モデル3車種を日本に導入

アウディ ジャパンは2013年10月8日、「RS 6アバント」「RS 5カブリオレ」の販売を開始するとともに、「RS 7スポーツバック」を2014年1月に発売すると発表した。

「RS 6アバント」のV8 4.0 TFSIツインターボエンジン。
「RS 6アバント」のV8 4.0 TFSIツインターボエンジン。
    拡大
「RS 6アバント」のインパネまわり。
「RS 6アバント」のインパネまわり。
    拡大

「RS 7スポーツバック」


    「RS 7スポーツバック」
    拡大
「RS 5カブリオレ」
「RS 5カブリオレ」
    拡大

アウディの「RS」モデルとは、同社のスポーツモデルの開発生産を担う100%出資子会社「quattro GmbH」が手掛ける高性能車である。

今回発表されたRS 6アバントでは、パワーユニットに最高出力560ps、最大トルク71.4kgmのV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを採用。従来モデル比で100kgの軽量化とも相まって、0-100km/h加速は3.9秒という動力性能を実現している。

また、RS 7スポーツバックは、RS 6アバントと同じエンジンを採用する5ドアクーペであり、0-100km/h加速3.9秒という動力性能を発揮。足元には専用の21インチアルミホイールを標準で装着している。

どちらのモデルも、エンジン負荷が少ない状態では8気筒のうち4気筒を休止させる可変シリンダー機構「シリンダーオンデマンド」システムや、アイドリングストップ機構、ブレーキエネルギー回生システムなどを採用。燃費は10.4km/リッター(JC08モード)となっている。

一方、RS 5カブリオレには最高出力450ps、最大トルク43.8kgmのV8 4.2 FSIエンジンを搭載。専用チューニングのスポーツサスペンションや、路面状況に応じて左右後輪の駆動力を変化させるスポーツディファレンシャルなどによって、俊敏なハンドリングを実現しているという。

ハンドル位置は各モデルとも右、左の両方を用意。価格はRS 6アバントが1520万円、RS 7スポーツバックが1570万円、RS 5カブリオレが1387万円。

(webCG)

→「アウディRS 6アバント」と「アウディRS 7スポーツバック」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
RS 6アバント, RS 5, RS 7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る