限定車「VWザ・ビートル レーサー」受注始まる

2013.11.13 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー
    拡大

限定車「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル レーサー」受注始まる

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年11月13日、「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル レーサー」の国内受注を、ウェブサイトを通じて開始した。

「ザ・ビートル レーサー」は、2リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーモデル「ザ・ビートル ターボ」をベースとする世界で3500台の限定モデル。
エクステリアは、ブラックの太いストライプやボディーサイドの「TURBO」ロゴ、10スポークの19インチアルミホイール、シルバーのブレーキキャリパーなどで飾られる。

インテリアは、ツートンカラー(グレー×ブラック)のファブリックスポーツシートや、黄色いステッチがあしらわれた専用の革巻きマルチファンクションステアリングホイールが特徴。ステアリングホイールのスポークには、限定3500台のうち何番目に生産されたのかを示すシリアルナンバー入りのプレートも添えられる。

日本市場への割り当ては限定100台で、価格は394万円。車両の納期は、2014年3月が予定されている。

なお、「ザ・ビートル レーサー」は、海外では「ザ・ビートルGSR」(Gelb-Schwarze Renner。英訳するとYellow/Black Racer)の名で販売される。
1973年に同じく3500台が生産された「1303S GSR」に由来するものだが、日本市場では、わかりやすく個性を表現する手段として“レーサー”のネーミングを採用したという。

(webCG)

関連キーワード:
ザ・ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)【試乗記】 2003.6.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)
    ……333.0万円

    今年2003年のデトロイトショーでデビューを果たしたフォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレ。同年6月14日からわが国でも販売が開始され、さっそくプレス試乗会が開かれた。横浜に赴いた『webCG』記者は、しかし……。


  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン、ザ・ビートルの3グレードに特別仕様車を設定 2018.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月23日、「ザ・ビートル」が2019年に日本での販売を終了するのに伴い、“See You The Beetle キャンペーン”の第4弾として特別仕様車「ザ・ビートル マイスター」を発売すると発表した。
ホームへ戻る