プジョーが新型クロスオーバー「2008」を導入【東京モーターショー2013】

2013.11.20 自動車ニュース
「東京モーターショー2013」での、プジョーブースの様子。
「東京モーターショー2013」での、プジョーブースの様子。
    拡大

【東京モーターショー2013】プジョーが新型クロスオーバー「2008」を導入

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2013年11月20日に開幕した「東京モーターショー2013」のプジョーブースで、新型クロスオーバー「2008」と高性能スポーツモデル「RCZ R」を披露した。


プジョーが新型クロスオーバー「2008」を導入【東京モーターショー2013】の画像 拡大
2014年2月に発売される予定の「プジョー2008」。
2014年2月に発売される予定の「プジョー2008」。
    拡大
「プジョーRCZ R」
「プジョーRCZ R」
    拡大
プレスブリーフィングにて登壇する、プジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久代表取締役社長。
プレスブリーフィングにて登壇する、プジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久代表取締役社長。
    拡大

東4ホールに陣取るプジョーのブースは、白と黒の鮮烈なコントラストが目を引く。そのブースで始まったプレスブリーフィングでは、最初にPSAプジョー・シトロエンのアジア事業本部 ジャン・イブ・ドッサル営業部長が登壇した。

まずはグループのヨーロッパ以外での販売比率が伸びていることを紹介。2012年の全体に対する比率が38%だったのに対し、今年は9月末現在で42%になるそうで、2015年にはこの比率を50%にまで引き上げたいという。
最大のマーケットはもちろん中国で、昨年から25%増の55万台以上を記録した。しかし中国以外でも3万台をマークする見込みで、日本はその中で第3位のポジションに位置しているとのことだ。
また近年の傾向として、上級グレードを選択するユーザーの比率が増えているそうで、「208」では55%が中間グレード、31%が上級グレードをチョイス。ヨーロッパを中心にすでに4.5万台のオーダーを受けている新型クロスオーバー「2008」では、実に71.5%の人が上級グレードを選んでいるというデータを紹介した。

続いて舞台に上がったプジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久代表取締役社長は、まず3年前の創業200周年を記念して導入したタグライン「モーション&エモーション」について、品質、デザイン、走りの楽しさの3つのポイントをアピールしていくものとあらためて説明。このうち走りについては、今年導入した新開発の1.2リッター直列3気筒エンジンに加え、来年にはオートマチックモード付き2ペダル5段ETG(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)を導入すると表明した。

2008はこのパワートレインを積み、2014年2月15日に発売するとのことで、246万円からという価格も発表された。前後して208にもこのパワートレインが投入される見込みだ。
もう1台のニューカマーである「RCZ R」は、1.6リッター・ツインスクロールターボエンジンを270psまでチューニングした高性能車種で、0-100㎞/h加速を5.9秒でこなしつつ、CO2排出量は145g/kmに抑えている。わが国では来年春、150台限定で発売予定。左ハンドル、6段MTというスペックで、価格は540万円だ。

この日の展示は2台だったが、一般公開日は「208GTi」を加えた3台展示になるという。

(文と写真=森口将之)

→「プジョー2008」と「プジョーRCZ R」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
2008, プジョー, 東京モーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる? 2021.9.27 デイリーコラム すでに飽和状態に見えるトヨタの国内向けSUVラインナップに新型車「カローラ クロス」が加わった。なぜ今、新たなSUVが投入されるのか? 他メーカーとの勢力図は今後どう変わるのだろうか? 識者は、こう考える。
ホームへ戻る