日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014は……

2013.11.23 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」
    拡大

日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014は……

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」の最終選考会が、2013年11月23日に東京モーターショーの会場にて開催され、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が今年のイヤーカーに選ばれた。

 

輸入車がイヤーカーに選ばれるのは、今回が初めてのこと。2位の「ホンダ・フィット」に131点の差をつけての快勝となった。

また、特別賞は福祉車両の「ダイハツ・ムーヴ フロントシートリフト」が受賞。イノベーション部門賞は「三菱アウトランダーPHEV」が、エモーショナル部門賞は「マツダ・アテンザ」が、「スモールモビリティ部門賞」は「スズキ・スペーシア&スペーシアカスタム/マツダ・フレアワゴン」がそれぞれ受賞した。

なお、第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位は以下の通り。

1位:フォルクスワーゲン・ゴルフ
2位:ホンダ・フィット/フィットハイブリッド
3位:ボルボV40
4位:メルセデス・ベンツSクラス
5位:三菱アウトランダーPHEV
6位:マツダ・アテンザ
7位:トヨタ・クラウンロイヤル/アスリート/マジェスタ
8位:フィアット・パンダ
9位:スバルXVハイブリッド
10位:MINIペースマン

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, イベント, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • 「アウディA1スポーツバック」に1リッターターボモデルの「25 TFSI」が登場 2020.6.16 自動車ニュース 「アウディA1スポーツバック」に新モデル「25 TFSI」が登場。1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレードで、駆動方式はFFのみ。燃費はWLTCモードで15.2km/リッターとされている。価格は294万円から351万円。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る