フォードが新型「マスタング」の概要を公開

2013.12.05 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」
    拡大

フォードが新型「マスタング」の情報を公開

米フォードは2013年12月5日、正式な発表に先立って新しい「マスタング」の概要を公表した。

2014年4月に誕生50周年を迎えるマスタングは、これまで北米をメインマーケットに想定したモデルだった。しかし、ニューモデルはヨーロッパおよびアジアも新たなマーケットに取り込むべく開発された。このためより正確なハンドリングや乗り心地を得るべく、ついにリアサスペンションをインテグラルリンクと名付けた独立縣架(けんか)に改めている。

エンジンは合計3種。改良された5リッターV8エンジン(420ps、53.9kgm)を頂点に、新たに導入される直噴ターボのエコブースト2.3リッター直4(304ps、41.5kgm)、それにやはり改良された3.7リッターV6(295ps、37.3kgm)が用意される。ボディーはクーペとコンバーチブルの2種が用意され、クーペについてはファストバックスタイルが復活した。コンバーチブルのソフトトップは従来モデルと比較して2倍のスピードで開くことができるという。また、トランスミッションはマニュアルとATが用意されるというが、詳しい内容についてはまだ明らかにされていない。ただ、ATにはパドルシフトがつくという。

このあと、日本時間午後9時30分に正式発表が行われる。

(文=中村孝仁)
 

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第63回:時代を駆けるフォード・マスタング
    トレンド商品からブランドを代表するアイコンへ
    2019.11.28 自動車ヒストリー 若者向けのポニーカーとして、あるいはパワフルなハイパフォーマンスカーとして、1964年の誕生以来、ファンに愛され続けている「フォード・マスタング」。アメリカを代表するスペシャリティーカーはどのようにして誕生し、今日まで受け継がれてきたのか?
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る