より上質な内外装のレガシィ アウトバック登場

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック グランドマスター」
「スバル・レガシィ アウトバック グランドマスター」 拡大

より上質な内外装の「スバル・レガシィ アウトバック」が登場

富士重工業は2013年12月24日、「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「Grand Master(グランドマスター)」を発表した。2014年2月27日に発売する。

今回の特別仕様車は、3.6リッターの水平対向6気筒エンジンが搭載されたアウトバックの最上級グレード「3.6R EyeSight」をベースに、専用の内外装を取り入れたものである。

エクステリアには専用のアルミホイールや大型ルーフレール、サテンメッキドアミラー、ダーク調のフロントグリルなどを装備。一方インテリアには、つや消し木目調加飾やブラウンレザーシート(アイボリーステッチ・パイピング)などを採用している。

これらを含む仕様・装備の内容は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装+切削光輝)
・ダーク調フロントグリル
・専用サイドシルクラッディング
・サテンメッキドアミラー
・専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)
・HIDロービームランプ(ブラックベゼル)
・ブラウンレザーシート(アイボリーステッチ・パイピング)
・ブラウンアームレスト&フロアコンソールリッド(アイボリーステッチ)
・つや消しダーク木目調加飾パネル
・リアシートセンターアームレスト(つや消しダーク木目調加飾+金属調リングカップホルダー付き)
・USB 電源(フロント2カ所、リア2カ所、充電機能のみ)
・オフディレイルームランプ(後席スポットランプ付き)

ボディーカラーはサテンホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラックシリカ、ディープチェリー・パールの4色。価格は378万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
ホームへ戻る