より上質な内外装のレガシィ アウトバック登場

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック グランドマスター」
「スバル・レガシィ アウトバック グランドマスター」 拡大

より上質な内外装の「スバル・レガシィ アウトバック」が登場

富士重工業は2013年12月24日、「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「Grand Master(グランドマスター)」を発表した。2014年2月27日に発売する。

今回の特別仕様車は、3.6リッターの水平対向6気筒エンジンが搭載されたアウトバックの最上級グレード「3.6R EyeSight」をベースに、専用の内外装を取り入れたものである。

エクステリアには専用のアルミホイールや大型ルーフレール、サテンメッキドアミラー、ダーク調のフロントグリルなどを装備。一方インテリアには、つや消し木目調加飾やブラウンレザーシート(アイボリーステッチ・パイピング)などを採用している。

これらを含む仕様・装備の内容は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装+切削光輝)
・ダーク調フロントグリル
・専用サイドシルクラッディング
・サテンメッキドアミラー
・専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)
・HIDロービームランプ(ブラックベゼル)
・ブラウンレザーシート(アイボリーステッチ・パイピング)
・ブラウンアームレスト&フロアコンソールリッド(アイボリーステッチ)
・つや消しダーク木目調加飾パネル
・リアシートセンターアームレスト(つや消しダーク木目調加飾+金属調リングカップホルダー付き)
・USB 電源(フロント2カ所、リア2カ所、充電機能のみ)
・オフディレイルームランプ(後席スポットランプ付き)

ボディーカラーはサテンホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラックシリカ、ディープチェリー・パールの4色。価格は378万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
ホームへ戻る