新パワートレインの「プジョー208」が登場

2014.01.06 自動車ニュース
「プジョー208アリュール」(写真は5MT車)
「プジョー208アリュール」(写真は5MT車)
    拡大

新パワートレインの「プジョー208」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年1月6日、「プジョー208」に、1.2リッター直3エンジンとアイドリングストップ機構、シングルクラッチ式5段ATを組み合わせた「PureTech(ピュアテック)」搭載車を設定し、販売を開始した。

1.2リッター3気筒エンジン
1.2リッター3気筒エンジン
    拡大

新パワートレインの「プジョー208」が登場の画像 拡大

今回、新たにピュアテックが採用されたのは、3ドアの「208アリュール」と、5ドアの「208プレミアム」「208シエロ」の3グレード。1.2リッター直3エンジンが208シリーズの5ドア車に設定されるのは、今回が初となる。

また、シングルクラッチ式5段ATの「ETG5」には、シフトダウン時に自動的にエンジン回転数を合わせる機能や、クリープ機能、ヒルスタートアシスト機能を採用。5ドア車で比較した場合、1.6リッターエンジンと4段ATを搭載していた従来モデルから、約70kgの軽量化を実現しているという。ピュアテック搭載車の燃費は各グレード共通で19.4km/リッター(JC08モード)となっている。

このほかにも、ピュアテック搭載車には黒いリアルーフスポイラーを装備。シフトセレクターの形状を従来モデルから変更したほか、新たにシフトパドルを採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・208アリュール(5MT):202万円
・208アリュール(5AT):212万円
・208プレミアム(5AT):216万円
・208シエロ(5AT):240万円
・208XY(6MT):269万円
・208GTi(6MT):299万円

(webCG)
 

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
ホームへ戻る