お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

2014.01.21 自動車ニュース
「フィアット500 パンナ」
「フィアット500 パンナ」
    拡大

お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月21日、スイーツをイメージしたフィアットの限定車3モデルを、同年2月1日に発売すると発表した。

「500C パンナ」
「500C パンナ」
    拡大
「パンダ ジャンドゥーヤ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」
    拡大

今回の特別仕様車は、バレンタインシーズンにあわせて限定発売されるもの。各モデルの装備と価格は、以下の通りである。

■500 パンナ

直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」を搭載する、5段ATモデル。特別なアイテムとして、タン(ブラウン)色のフラウレザーシートと、電動サンルーフを装備する。ボディーカラーはニューエイジクリーム。車名の「パンナ(Panna)」は、イタリア語で生クリームのこと。
限定100台で、価格は255万円。

■500C パンナ

上記「フィアット500 パンナ」のコンバーチブルモデル。ニューエイジクリームのボディーカラー、タン色のフラウレザーシート、ベージュ色のソフトトップ、15インチアルミホイールが与えられる。
限定50台で、価格は260万円。

■パンダ ジャンドゥーヤ

現行「パンダ」初の限定車で、ベースとなるモデルは、「パンダ Easy」。コージーブラウンのボディーカラーにサンド(アイボリー)色のルーフレール、ミラーカバー、センターハブキャップが与えられる。車名は、ヘーゼルナッツのクリームであるジャンドゥーヤから。
販売台数は限定100台で、価格は210万円となる。

(webCG)

関連キーワード:
500, パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
ホームへ戻る