「フォード・マスタング」にブラックの限定車

2014.02.06 自動車ニュース
「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」
「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」
    拡大

「フォード・マスタング」にブラックの限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは2014年2月6日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」を、同年の3月15日より40台の台数限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、マスタング クーペのV8エンジン搭載車をベースに、ブラックのボディーカラーとインテリアカラーという、カタログモデルでは設定されていないカラーコンビネーションを採用したものだ。

また、ブラックのアクセントを効かせた専用の19インチアルミホイールや、開放的なドライビングを楽しめるグラスルーフを装備。グラスルーフはプラスチックフィルムを2枚のガラスが挟む三層構造で、赤外線を90%、紫外線を96%遮断することができる。

価格は505万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その25) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。フォードは「マスタング ブリット」をヨーロッパで初公開したほか、新型小型クロスオーバー車「KA+アクティブ」などを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)【試乗記】 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。
ホームへ戻る