「フォード・マスタング」にブラックの限定車

2014.02.06 自動車ニュース
「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」
「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」
    拡大

「フォード・マスタング」にブラックの限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは2014年2月6日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「マスタングV8 GTクーペ THE BLACK(ザ・ブラック)」を、同年の3月15日より40台の台数限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、マスタング クーペのV8エンジン搭載車をベースに、ブラックのボディーカラーとインテリアカラーという、カタログモデルでは設定されていないカラーコンビネーションを採用したものだ。

また、ブラックのアクセントを効かせた専用の19インチアルミホイールや、開放的なドライビングを楽しめるグラスルーフを装備。グラスルーフはプラスチックフィルムを2枚のガラスが挟む三層構造で、赤外線を90%、紫外線を96%遮断することができる。

価格は505万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第63回:時代を駆けるフォード・マスタング
    トレンド商品からブランドを代表するアイコンへ
    2019.11.28 自動車ヒストリー 若者向けのポニーカーとして、あるいはパワフルなハイパフォーマンスカーとして、1964年の誕生以来、ファンに愛され続けている「フォード・マスタング」。アメリカを代表するスペシャリティーカーはどのようにして誕生し、今日まで受け継がれてきたのか?
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る