「アバルト500/595」バリエーション拡大

2014.02.19 自動車ニュース
「アバルト500」
「アバルト500」 拡大

「アバルト500/595」バリエーション拡大

フィアット クライスラー ジャパンは2014年2月19日、日本市場で取り扱う「アバルト500」「アバルト595コンペティツィオーネ」のトランスミッション形式を拡充し、同年3月1日に発売すると発表した。

「アバルト595コンペティツィオーネ」
「アバルト595コンペティツィオーネ」 拡大

今回のラインナップ見直しにより、5段MT仕様のみだった「アバルト500」には、新たに5段AT仕様が登場。MT車(268万8000円)よりも15万7500円高の284万5500円で販売される。

一方、5段AT仕様に限られていた「アバルト595コンペティツィオーネ」には、5段MT仕様が追加される。こちらはAT車(339万1500円)よりも15万7500円安い、323万4000円で扱われる。

(webCG)

関連キーワード:
500, 595コンペティツィオーネ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 2021年のジャガーは主力モデルを大幅改良【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.21 自動車ニュース 今も昔も、日本のクルマ好きの間で根強い人気を誇るジャガー。スポーティーで美しいクルマをつくり続ける英国のプレミアムブランドにとって、2020年はどんな年となったのか? また2021年にはどのようなモデルの投入を予定しているのか?
ホームへ戻る