アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「アウディTTクーペ」
「アウディTTクーペ」 拡大

【ジュネーブショー2014】アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目

独アウディは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて、新型「TT」および同車の高性能モデルである「TTS」を発表した。

 
アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目【ジュネーブショー2014】の画像 拡大
 
アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目【ジュネーブショー2014】の画像 拡大
 
アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目【ジュネーブショー2014】の画像 拡大
 
アウディ、3代目となる新型「TT」をお披露目【ジュネーブショー2014】の画像 拡大
「アウディTTSクーペ」
「アウディTTSクーペ」 拡大

■よりシャープなスタイリングに進化

アウディTTは1998年に登場したコンパクトスポーツモデルであり、今回の新型は3代目にあたる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4180×1832×1353mm、ホイールベース=2505mmというもので、外寸は従来モデルとほぼ同等ながらホイールベースを37mm延長。エクステリアデザインは、よりワイドでフラットになったシングルフレームグリルや水平基調のプレスラインなどが特徴で、前後のホイールアーチや「トルネードライン」と呼ばれるボディーサイドのプレスラインなど、各所に初代を思わせるデザインを取り入れている。

インテリアについても、外観と同じく水平基調のデザインを採用。TTには従来モデルのものより着座位置が低く、重量も5kg軽いヘッドレスト一体型スポーツシートを標準装備している。一方TTSには、新開発の「Sスポーツシート」を装備。このシートはTTにもオプション設定している。ユーティリティーの改善も図っており、トランクルームは従来モデルより13リッター大きい305リッターの容量を確保している。
 

■TTSには310psの2.0 TFSIエンジンを搭載

ボディー構造は従来モデルと同様に、アルミ材と鉄材を用いた「アウディスペースフレーム」を採用。ただし、パッセンジャーセルに超高張力鋼板を用いるなどの改良によって、車両重量は「2.0 TFSI」エンジン搭載車で1230kgと、従来モデルより50kg軽量化している。

エンジンはディーゼル1種類、ガソリン2種類の計3種類。ディーゼルエンジンは最高出力184ps、最大トルク38.7kgmを発生する2リッター直4直噴ターボの「2.0 TDI」で、0-100km/h加速7.2秒、最高速235km/hという動力性能と、4.2リッター/100km(約23.8km/リッター)の燃費性能を実現している。

一方、ガソリンエンジンにはアウトプットの異なる2種類の2リッター直4直噴ターボ「2.0 TFSI」が用意されている。TTに搭載されるのは最高出力230ps、最大トルク37.7kgmのもので、0-100km/h加速はFFの6段MT車で6.0秒、4WDの6段Sトロニック車で5.3秒を実現。燃費性能は、後者で6.8リッター/100km(約14.7km/リッター)となっている。
これに対し、TTSのエンジンは最高出力310ps、最大トルク38.7kgmを発生。0-100km/h加速は4.7秒、最高速はTTと同じくリミッターによって250km/hに抑えられている。

(webCG)
 

関連キーワード:
TTクーペ, TTSクーペ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TTクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る