「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

2014.04.17 自動車ニュース

「フェラーリ・カリフォルニアT」


	「フェラーリ・カリフォルニアT」
	拡大

「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

フェラーリ・ジャパンは2014年4月17日、新型のオープンスポーツカー「フェラーリ・カリフォルニアT(ティー)」を日本国内で初めて披露するとともに、その価格を発表した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。 拡大
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。 拡大
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。 拡大

アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。


	アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。
	拡大
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。 拡大

■ターボでトルクは5割増し

フェラーリ・カリフォルニアTは、2014年3月のジュネーブショーでデビューした、リトラクタブルハードトップを備える2+2のオープンカー。既存の「フェラーリ・カリフォルニア」のビッグマイナーチェンジ版であると同時に、その後を継ぐモデルとも言える。

最大のトピックは、エンジンの大幅なパワーアップだ。従来の4.3リッターV8自然吸気エンジン(490ps/7750rpm、51.5kgm/5000rpm)に換えてフロントに収められるのは、最大トルクを約50%も上乗せした新開発の3.9リッターV8ターボ(560ps/7500rpm、77.0kgm/4750rpm)。結果、0-100km/hの加速タイムを3.8秒から3.6秒へと短縮するとともに、316km/hのトップスピードを実現した。高効率なターボの働きにより、出力を向上させながら、燃費は15%改善されている。

ステアリングのギアボックスも新型に変更。さらに、スプリングレートを改め最新バージョンの磁性流体制御ダンパーを組み込むなどした新サスペンションを採用したことで、これまで以上に正確なハンドリングと、快適な乗り心地が得られるという。
「CCM3」と呼ばれるカーボンセラミックブレーキ(フロント:390×34mm、リア:360×32mm)も、新たな装備である。

エクステリアも化粧直しが施され、フロントまわりは4シーターの「フォー」や旗艦「F12ベルリネッタ」などに似たデザインに。リアバンパー下には、新デザインのディフューザー「トリプル・フェンダー・ディフューザー」が組み込まれている。

8%の消費税を含めた価格は、2450万円。受注はジュネーブショーの時点で始まっており、2014年後期には、日本でのデリバリーが始められる見通しだ。

(webCG 関)

→「フェラーリ・カリフォルニアT」発表会の様子や、車両の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
カリフォルニアT, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニアT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る