パリモーターショー2016の会場から(その18)

2016.10.05 画像・写真

フェラーリは、パリモーターショー2016において、オープンのスペシャルモデル「ラ フェラーリ アペルタ」と、V8ターボエンジンを搭載する「GTC4ルッソT」を披露した。その姿を写真で紹介する。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリが「SF90ストラダーレ」をフィオラーノで披露 2019.6.6 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年5月29日(現地時間)、同社初となる市販PHEV「SF90ストラダーレ」の発表イベントを開催。F1マシンや市販モデルのテストを行う同社の「フィオラーノ」テストコースで実車を初公開した。
  • 「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場 2019.6.6 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンがミドシップスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を発表した。車名にもなっている「ノワール プロフォン メタリック」「ブルーアビス メタリック」の2色の車体色が特徴で、ともに30台の限定販売となる。
  • 1000psのPHEV「フェラーリSF90ストラダーレ」発表 2019.5.30 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年5月29日(現地時間)、同社初のPHEV「SF90ストラダーレ」を発表した。システム合計出力1000psを発生するパワートレインを搭載。エンジンが後輪を、左右独立配置された2基のモーターが前輪をそれぞれ駆動する4WDを採用している。
ホームへ戻る