日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車

2014.05.26 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
    拡大

「日産スカイライン」にダイムラー製エンジン搭載の新グレード

日産自動車は2014年5月26日、セダン「スカイライン」に2リッターターボエンジンを搭載する新グレード「200GT-t」を追加設定し、同年6月5日に発売すると発表した。

今回の主役、ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジン。211psと35.7kgmを発生する。
今回の主役、ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジン。211psと35.7kgmを発生する。
    拡大

日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車の画像 拡大

■新たなコラボの成果

2014年2月末の発売以来、日本国内ではハイブリッド車のみの設定とされていた13代目スカイラインに、コンベンショナルなガソリンエンジン搭載車が追加された。
新たに採用されたパワーユニットは、ダイムラーの手になる直噴の2リッター直4ターボエンジン。2010年4月に発表された、ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGとの“戦略的提携”に基づく、エンジン供給である。

このエンジンは「メルセデス・ベンツEクラス」などに搭載される2リッター直4ターボと基本を同じくするものだが、「成層燃焼リーンバーン」を採用しないなど、Eクラスのものとは燃焼の仕組みに差異がある。アウトプットは、211ps/5500rpmと35.7kgm/1250-3500rpm。低回転域から大トルクを発生する特性ゆえに、ドライビングプレジャーが得られるとうたわれる。
組み合わされるトランスミッションは、7段ATのみ。駆動方式はFRに限られ、ハイブリッドモデルでは選べる4WD車は用意されない。FR車同士で比べた場合、ハイブリッドモデルより車重が100~120kg軽く仕上がっている点も、特徴と言える。

燃費は、最高13.6km/リッター(JC08モード)となっている。

 
運転席周りの様子。2段構えのディスプレイを持つセンターコンソールなど、基本的なデザインはハイブリッド車と共通である。
運転席周りの様子。2段構えのディスプレイを持つセンターコンソールなど、基本的なデザインはハイブリッド車と共通である。
    拡大
後席。荷室を拡大するための可倒機構を持つシートも、オプションで用意される。
後席。荷室を拡大するための可倒機構を持つシートも、オプションで用意される。
    拡大
トランクルームの容量は500リッター。ゴルフバッグは4つ収納できる。
トランクルームの容量は500リッター。ゴルフバッグは4つ収納できる。
    拡大

日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車の画像 拡大

■ガソリン車ならではの装備も

ハイブリッドモデル登場時に話題となった、電気信号を介する操舵(そうだ)システム「ダイレクトアダプティブステアリング」はオプション扱いで、2014年秋以降に設定される見込み。ガソリンエンジン車の200GT-tには、車速感応式の電動油圧パワーステアリングが採用されている。

そのほか走りに関するものとしては、「ダブルピストンショックアブソーバー」や安全装備の「車両接近通報装置」が備わらない点が、ハイブリッドモデルとの違い。スイッチひとつで走行モードが変えられる「ドライブセレクター」は搭載されるものの、細かいカスタマイズを可能とするPERSONALモードの選択肢は、ハイブリッド車の96通りに対して12通りに絞られる。

一方、荷室の広さや自由度には、ガソリン車ならではの強みがある。トランクルームの容量は、リチウムイオンバッテリーにスペースを取られるハイブリッドモデル(400リッター)よりも100リッター多い500リッターが確保され、長尺物が積載できるスキーホールも完備。ハイブリッドモデルと異なり、背もたれが倒せる後席もオプションで用意される。

新グレードのラインナップと価格は、以下の通り。
・200GT-t:383万4000円
・200GT-t Type P:421万2000円
・200GT-t Type SP:456万8400円

既存のハイブリッドモデルをあわせた、スカイラインシリーズ全体の目標販売台数は、年5000台となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る