日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車

2014.05.26 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
    拡大

「日産スカイライン」にダイムラー製エンジン搭載の新グレード

日産自動車は2014年5月26日、セダン「スカイライン」に2リッターターボエンジンを搭載する新グレード「200GT-t」を追加設定し、同年6月5日に発売すると発表した。

今回の主役、ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジン。211psと35.7kgmを発生する。
今回の主役、ダイムラー製の2リッター直4ターボエンジン。211psと35.7kgmを発生する。
    拡大

日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車の画像 拡大

■新たなコラボの成果

2014年2月末の発売以来、日本国内ではハイブリッド車のみの設定とされていた13代目スカイラインに、コンベンショナルなガソリンエンジン搭載車が追加された。
新たに採用されたパワーユニットは、ダイムラーの手になる直噴の2リッター直4ターボエンジン。2010年4月に発表された、ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGとの“戦略的提携”に基づく、エンジン供給である。

このエンジンは「メルセデス・ベンツEクラス」などに搭載される2リッター直4ターボと基本を同じくするものだが、「成層燃焼リーンバーン」を採用しないなど、Eクラスのものとは燃焼の仕組みに差異がある。アウトプットは、211ps/5500rpmと35.7kgm/1250-3500rpm。低回転域から大トルクを発生する特性ゆえに、ドライビングプレジャーが得られるとうたわれる。
組み合わされるトランスミッションは、7段ATのみ。駆動方式はFRに限られ、ハイブリッドモデルでは選べる4WD車は用意されない。FR車同士で比べた場合、ハイブリッドモデルより車重が100~120kg軽く仕上がっている点も、特徴と言える。

燃費は、最高13.6km/リッター(JC08モード)となっている。

 
運転席周りの様子。2段構えのディスプレイを持つセンターコンソールなど、基本的なデザインはハイブリッド車と共通である。
運転席周りの様子。2段構えのディスプレイを持つセンターコンソールなど、基本的なデザインはハイブリッド車と共通である。
    拡大
後席。荷室を拡大するための可倒機構を持つシートも、オプションで用意される。
後席。荷室を拡大するための可倒機構を持つシートも、オプションで用意される。
    拡大
トランクルームの容量は500リッター。ゴルフバッグは4つ収納できる。
トランクルームの容量は500リッター。ゴルフバッグは4つ収納できる。
    拡大

日産スカイラインにダイムラー製エンジン搭載車の画像 拡大

■ガソリン車ならではの装備も

ハイブリッドモデル登場時に話題となった、電気信号を介する操舵(そうだ)システム「ダイレクトアダプティブステアリング」はオプション扱いで、2014年秋以降に設定される見込み。ガソリンエンジン車の200GT-tには、車速感応式の電動油圧パワーステアリングが採用されている。

そのほか走りに関するものとしては、「ダブルピストンショックアブソーバー」や安全装備の「車両接近通報装置」が備わらない点が、ハイブリッドモデルとの違い。スイッチひとつで走行モードが変えられる「ドライブセレクター」は搭載されるものの、細かいカスタマイズを可能とするPERSONALモードの選択肢は、ハイブリッド車の96通りに対して12通りに絞られる。

一方、荷室の広さや自由度には、ガソリン車ならではの強みがある。トランクルームの容量は、リチウムイオンバッテリーにスペースを取られるハイブリッドモデル(400リッター)よりも100リッター多い500リッターが確保され、長尺物が積載できるスキーホールも完備。ハイブリッドモデルと異なり、背もたれが倒せる後席もオプションで用意される。

新グレードのラインナップと価格は、以下の通り。
・200GT-t:383万4000円
・200GT-t Type P:421万2000円
・200GT-t Type SP:456万8400円

既存のハイブリッドモデルをあわせた、スカイラインシリーズ全体の目標販売台数は、年5000台となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る