第51回「MINIクーパーS」

2014.05.30 水野和敏的視点

7年ぶりのフルモデルチェンジ

BMWの先鋭的未来派モデル「i3」、対照的に古典的な成り立ちを持つ「M235i クーペ」。2台のビーエムを取り上げてきた「水野和敏的視点」。今回は、BMWによるFFモデルの先兵というべき、MINIに乗ってみたいと思います。

2002年に初代の販売が始まって、はや12年。今年3月に3代目となる新型MINIが、日本でも発売されました。実に7年ぶりのフルモデルチェンジです。

ベーシックなハッチバックのMINI。そのオープンモデルたるMINIコンバーチブル。観音開きのドアを持つMINIクラブマン。SUV調のMINIクロスオーバー、スタイリッシュなMINIクーペ、スポーティーなMINIロードスター、そしてちょっと不思議な、クロスオーバーの2ドア版たるMINIペースマン。

いつの間にか、MINIブランドでは、7つものモデルをラインナップするようになりました。最初にモデルチェンジを受けるのは、もちろんベーシックなハッチバックボディーです。

ご存じのように、BMW傘下のMINIは単なるレトロモデルの範疇(はんちゅう)を大幅に超えています。ラインナップが充実しているだけではありません。BMWを支える新しいディビジョンとして、いまやMINI抜きで「バイエルンのエンジン会社」を語ることはできません。MINIで確立した“ビーエム流”のFFモデルが、いよいよBMWブランドから「2シリーズ アクティブツアラー」という名でリリースされるということが、その証左です。


第51回「MINIクーパーS」の画像 拡大
テスト車は「MINIクーパーS」。192psの2リッター直4ターボエンジンを搭載する。
テスト車は「MINIクーパーS」。192psの2リッター直4ターボエンジンを搭載する。 拡大

第51回「MINIクーパーS」の画像 拡大

第51回「MINIクーパーS」の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • MINIジョンクーパーワークス(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.16 試乗記 「ゴーカートフィーリング」と表現されることが多いMINIのなかでも、3ドアの「ジョンクーパーワークス」こそが保守本流であり、“THEゴーカート”である。ガチガチに固められたハードな足まわりに、心ゆくまで揺すられてみた。
  • MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.9 試乗記 いまや、MINIの基盤といえる「3ドア」以上の人気モデルに成長した「5ドア」。ディーゼルの上級モデル「クーパーSD」をロングドライブに連れ出し、2度目のマイナーチェンジで進化し磨きがかけられた個性と、支持を集めるその理由を探った。
  • フェラーリが12気筒ミドシップの限定タルガトップモデル「デイトナSP3」を世界初公開 2021.11.21 自動車ニュース 伊フェラーリは2021年11月20日(現地時間)、ムジェロサーキットで開催中のサーキットイベント「フィナーリ・モンディアーリ」において、限定生産のタルガトップモデル「デイトナSP3」を世界初公開した。
  • ボルボC40リチャージ 2021.11.18 画像・写真 2030年の全ラインナップ電気自動車(EV)化をうたうボルボ。その先兵となるのが、ブランド初のEV専用モデル「C40リチャージ」だ。システム最高出力408PS、一回の充電で走れる距離はおよそ485kmという北欧製の最新EVを、写真で紹介する。
ホームへ戻る