「ルノー・メガーヌGT220」にハッチバック登場

2014.06.16 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ハッチバックGT220」
「ルノー・メガーヌ ハッチバックGT220」
    拡大

「ルノー・メガーヌGT220」にハッチバックモデル登場

ルノー・ジャポンは2014年6月15日、「メガーヌ」の高性能モデル「GT220」に一部改良を実施するとともに、ハッチバックモデルを追加設定し、同年6月27日に発売すると発表した。

「ルノー・メガーヌ エステートGT220」
「ルノー・メガーヌ エステートGT220」
    拡大
「メガーヌ ハッチバックGT220」のインテリア。トランスミッションは6段MTのみが用意される。
「メガーヌ ハッチバックGT220」のインテリア。トランスミッションは6段MTのみが用意される。
    拡大
発表の舞台となった「浅間ヒルクライム2014」にて、同時に改良を受けた「メガーヌ ルノー・スポール」(中央)とともに展示される「メガーヌ ハッチバックGT220」と「メガーヌ エステートGT220」。
発表の舞台となった「浅間ヒルクライム2014」にて、同時に改良を受けた「メガーヌ ルノー・スポール」(中央)とともに展示される「メガーヌ ハッチバックGT220」と「メガーヌ エステートGT220」。
    拡大

メガーヌGT220は、ルノーのモータースポーツ部門、ルノー・スポールが手掛けたメガーヌのスポーツモデルである。エンジンは220psの最高出力と34.7kgmの最大トルクを発生する2リッター直4ツインスクロールターボで、トランスミッションには6段MTを採用。足まわりにも専用のチューニングを施している。

今回の改良では、フロント周りの意匠を「ルーテシア」などに採用しているルノーの新デザイン戦略にのっとったものに変更。また、これまではワゴンボディーの「エステートGT220」のみだったのに対し、新たに5ドアハッチバック車の「ハッチバックGT220」を導入した。両モデルとも、車の走行中のデータを知ることができる「R.S.モニター」や、ヒルスタートサポート、アイドリングストップ機構などを標準で装備している。

価格は以下の通り。

・メガーヌ ハッチバックGT220:317万9000円
・メガーヌ エステートGT220:327万9000円

(webCG)
 

関連キーワード:
メガーヌ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る